「ルイ5世ジョゼフ (コンデ公)」の版間の差分

編集の要約なし
(修正と先代次代追加)
[[Image:Louisjosephconde.jpg|right|200px|thumb|ルイ5世ジョゼフ]]
'''ルイ5世ジョゼフ・ド・ブルボン=コンデ'''('''Louis V Joseph de Bourbon-Condé'''、[[1736年]][[8月9日]] - [[1818年]][[5月13日]])は、[[ルイ6世アフラリ (コンデ公)ス王国|ルイ6世アフラ]]の父親貴族
 
[[ブルボン公ルイ・アンリ]]とヘッセン=ローテンブルク家のカロリーヌの一人息子として生まれる。[[軍人]]として[[七年戦争]](1756年-1763年)に参加し、[[自由主義]]貴族となる。1789年に[[フランス革命]]が起こると、息子のブルボン公ルイ・アンリ(のちのコンデ公[[ルイ6世 (コンデ公)|ルイ6世]])、王族のコンティ公と共にドイツの[[コブレンツ]]に[[亡命]]。諸外国を転々とし、1814年の[[王政復古]]の頃にイギリスから帰国した。1818年、[[パリ]]で[[自殺]]。
匿名利用者