メインメニューを開く

差分

[[足利幕府]]の政権が揺らぎ始め徐々に政情が不安定になると[[伊勢国]][[国司]]の[[北畠家|北畠氏]]や[[志摩国]]の土豪などが神領(神宮の領地)を取り上げ始めた。[[荘園]]などからの収入が激減した神宮は弱体化し、[[1429年]]([[正長]]2年)に外宮の[[神人]](じにん、下級神職)と'''地下人'''(じげにん、村人)と合戦が生じた。これ以降、[[宇治山田合戦]]に代表される神領での争乱が多発した。北畠氏や土豪が争乱に介入して神領を次々に収奪、結果として神宮は困窮を極めた。外宮では[[1434年]]([[永享]]6年)の第39回式年遷宮を最後に中絶となり、内宮では第40回式年遷宮が予定より11年遅れて[[1462年]] ([[寛正]]3年)に行なわれたもののこれを最後に[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]には中絶され、外宮内宮両宮のすべての宮社が荒廃した。
 
神宮の荒廃を嘆いた僧尼たちが神宮の許可得て日本中を回り、五十鈴川への架橋を主とする資金を集め始め、これらの僧尼は'''勧進聖'''(かんじんひじり、単に聖とも)と呼ばれた。聖の最古の記録は[[室町時代]]の[[1452年]]([[享徳]]元年)の賢正と最祥の2人の僧であるが、10年以上の行脚ののちに2人とも行方不明の結果に終わった。
 
この2人の消息が不明になったころに'''大橋勧進聖本願坊'''を名乗る聖が現れ、[[1464年]]([[寛正]]5年)に大橋が完成し、[[荒木田氏経]]ら10人の禰宜が13,000回のお祓いを行ない、橋が末永く使えるように祈願した。「大橋」の名はこの時の記録が初出であるが、このころには橋が何回も流されていたため、'''橋祈祷'''を行なうことが通例となっていた。この「大橋」は翌年の夏に洪水で流されてしまったため、仮橋架橋の費用として[[足利家|足利将軍家]]から100貫匁が大橋勧進聖本願坊を通じて寄進されたが、この仮橋も1年もたずに流されてしまった。
匿名利用者