「張邈」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{記事名の制約|title=張邈}}
'''張邈'''('''ちょう ばく''' [[ピンイン|拼音]]〔Zhang Miao〕 生年不詳? - [[195年]])は、東平郡寿張の人。[[後漢]]末期の陳留郡の太守。[[字]]は'''孟卓'''。[[張超 (広陵太守)|張超]]の兄。後漢の[[八俊]](八厨?)の一人。
 
若い頃から男伊達で気前がよく、[[曹操]]や[[袁紹]]とも親友のように仲が良かった。袁紹とは、「奔走の友」と呼ばれる契りを結び、曹操とは、互いが死んだ時に家族の面倒を見る事を約束するほどに仲が良かったと言われている。頭脳の明晰さと徳行で官界に知られるようになり、後漢王朝に仕えて騎都尉を務めた後、陳留郡の太守となった。
翌々年の[[195年]]には、勢いを盛り返した曹操に敗れ、兗州から撤退。呂布や陳宮らは、陶謙から徐州を譲り受けていた[[劉備]]を頼って落ち延びた。張邈自身は、陳留に居た弟の張超らと分断されていた。張邈は、陳留の一族を救出するため[[袁術]]に援軍を求めに向かう途上、部下の裏切りにあい、殺された。前後して陳留は落ち、張超など張邈の遺族は、曹操の追及を逃れて[[雍丘]]に移った。
 
翌[[196年]]、雍丘は曹操軍の攻撃によって陥落。張超は焼身自殺し、張邈の三族(父母兄弟実子と養子)も、曹操によって皆殺しの刑に処せられた。
 
{{DEFAULTSORT:ちようはく}}
[[Category:漢代の人物]]
[[Category:三国志の登場人物]]
[[Category:155年生]]
[[Category:195年没]]
 
匿名利用者