「自然吸気」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: ms:Enjin pernafasan biasa, pt:Aspirado)
編集の要約なし
* 可変バルブタイミング機構(リフト機構)により出力(特に馬力)を上げる事が出来る。自動車メーカーでは積極的に採用している。代表的な物にホンダの[[VTEC]]([[i-VTEC]])やトヨタの[[VVT-i]](VVTL-i)、日産の[[NEO VVL]]・三菱の[[MIVEC]](派生モデルMIVEC-MD)などがある。
* シリンダーのボア径を広げる,クランクシャフトの変更によりストローク長を変えるなどにより、排気量を上げる。
* ピストンを変更し頭部高さを高くするシリンダーヘッド又はシリンダーブロックのガスケット面を面削するなどにより、圧縮比を上げる。
 
== 自然吸気エンジンによる高出力のデメリット ==
== 関連項目 ==
* [[メカチューン]]
* [[ライトウェイトスポーツ]]
 
[[Category:エンジン|しせんきゆうき]]