「シーフ」の版間の差分

m
lk,sty
m (lk,sty)
{{Otheruses|ゲーム上の職業|コンピュータゲーム|Thief (ゲーム)}}
'''シーフ''' (''<span lang="en" xml:lang="en">thief</span>'') とは、本来は「[[泥棒]]」「盗人」の意味であるが、この項では[[ロールプレイングゲーム]]などのフィクションに登場する、歴史上の[[盗賊]]や[[暗殺|暗殺者]]をモデルにした[[プレイヤーキャラクター]]の[[キャラクタークラス|クラス]]について述べる。'''ローグ''' (''<span lang="en" xml:lang="en">rogue</span>'') 、'''バーグラー''' (''<span lang="en" xml:lang="en">burglar</span>'') などと呼ばれるクラスもシーフに類する。
 
作品によって、あるいは敵か味方によってイメージが大きく異なるのが特徴で、味方の場合は映画『[[インディ・ジョーンズ]]』のような[[探検家]]や、[[石川五右衛門]]のような[[義賊]]をモデルにしており、敵役の場合は『[[アリババ|アリババと40人の盗賊]]』等の中東の盗賊団や[[マフィア]]的な暗殺者をモデルにする事が多い。また最近では盗賊と言う響きの悪さからシーフという語を廃し、「~~〜〜ハンター(狩人では無い。[[トレジャーハンター]]等)」「[[レンジャー]]」といった表記をする作品も増えている。最早シーフという言葉は完全に独り歩きした[[アンチヒーロー]]の代名詞と言って差し支えなく、本来の意味をやや失っていると言えるだろう。
 
== コンピュータゲームでのシーフの在り方 ==
また、『ウィザードリィ』が確立した要素のひとつに、上位クラスとしての'''[[忍者]]'''の存在がある。『ウィザードリィ』の忍者は、シーフより精度は落ちるものの罠の発見・解除が可能で、なおかつ重武装もでき、さらに敵の首をはねて一撃で倒すこともできるという万能クラスである。
 
忍者は初期クラスとしては選択できず、厳しい条件を満たした上でクラスチェンジ(転職)が可能になる。ただし、その条件を無視してクラスチェンジできる秘宝「盗賊の短刀」 (Dagger of Thieves) が存在し、これを使用できるのはシーフのみであった。このために、シーフを忍者にクラスチェンジするまでの下積みと見なす攻略方法が一般化した。後に、『ウィザードリィ』を強く意識したコンピュータRPG『[[ファイナルファンタジー]]』が登場するが、これに登場するシーフは敵から逃げやすいという特性を持っていたものの、活躍の機会は極めて少なく、実質上忍者になるまでの下積みと化していた。
 
このようにアジア圏では上記の伝統から忍者やアサシンが上位クラスに選ばれる事が多かったが、北米産[[オンラインゲーム]]『[[エバークエスト]]』ではローグ(シーフ)というアーキタイプ(原型職)の上にブリガンドとスワッシュバックラーという上位クラスが存在する。こちらは厳密な意味で別クラスである忍者や暗殺者と違い、あくまで略奪者と窃盗犯というシーフのイメージを厳守した互換クラスになっている。
 
==== 物語上の役割 ====
戦闘をゲームの中心とするコンピュータRPGでは、もっとも活躍する戦士系のキャラクターが主役に据えられることがほとんどで、シーフは個性豊かな脇役の一人として配置されることが多い。だが、コンピュータRPGにおけるストーリーの比重が大きくなるにつれて戦闘における役割分担は明確でなくなる傾向にあり、それに伴いシーフが主役を張る作品も増えつつある。『ファイナルファンタジー』シリーズでは、『[[ファイナルファンタジーVI|VI]]』で主役級のキャラクターの一人にシーフ系のキャラクターが登場し、『[[ファイナルファンタジーIX|IX]]』ではシーフが明確な主人公として登場、『[[ファイナルファンタジーX-2|X-2]]』の主人公は[[怪盗]]としてシーフと行動し、『[[ファイナルファンタジーXII|XII]]』の主人公は空賊(架空のシーフ)を目指す[[スリ]]である。
 
主人公として登場するシーフの場合、設定上シーフとされていても物語上で盗みを働く事はほとんどなく、[[アウトロー]]的なスタンスを取っていることが多い。稀に[[ファーストパーソン・シューティングゲーム|FPS]]『[[Thief]]』のように窃盗を目的とする主人公もいるが、その場合は大富豪もしくは悪人を標的とする[[義賊]]的側面が付加されることが大半である。
 
=== 女性シーフの姿 ===
コンピュータゲームで描かれる女性シーフは、歴史上のシーフとは異なりビキニや[[ホットパンツ]]など不自然なまでに軽装で露出度の高い姿に描かれる傾向がある。このようなビジュアル傾向は、女戦士の[[ビキニアーマー]]同様に[[アメコミ]]の影響であるという説もある。1990年代の[[テーブルトークRPG]]や[[富士見書房]]系[[ライトノベル]]で流行したこの伝統は完全にスタンダードとなり、2000年代に入るとシーフに最も適した種族が「[[猫耳]]少女」というトレンドも『[[ウィザードリィ|ウィザードリィ エクス無限の学徒]]』や『ファイナルファンタジーXI』等に見られる。こういった[[おたく]]文化は決してマイノリティというわけではなく、[[リアルマネートレーディング|リアルマネートレード]]を扱った団体『ミスラシーフのギル販売所』でも煽情的に肌を露出した女性シーフがイメージキャラクターに使われるなどステレオタイプ化している。
 
== シーフの能力 ==
* [[がんばれゴエモン]] - 主人公のゴエモンは[[石川五右衛門]]をモデルにした[[義賊]]である。相棒のエビス丸も同様に盗賊。
* [[ファイアーエムブレム]] - ユニットのクラスの一つ。シリーズによってスキルが異なる。
* [[ヴァンテージマスター]] - [[キャラクタークラス]]の一つ。素早い動きと飛び道具がウリだが、魔力が低いのが欠点。
* [[ファンタジーアース ゼロ]] - 『ファイナルファンタジーXI』でシーフが使用した必殺技をアクションゲーム向けにアレンジしている。実質ただの軽装歩兵。
* [[エバークエスト]] - スカウトアーキタイプというカテゴリーにシーフ系の職業が存在する。同カテゴリーの忍者とは完全に別な珍しい例。
* [[クロノクロス]] - ヒロインのキッドがラジカルドリーマーズという盗賊団に所属する。健康的な肌の露出が激しい、女性シーフのステレオタイプな例。
* [[大航海時代Online]] - プレイヤーキャラクターの職業として盗賊がある。冒険家系の職業で、遺跡・墳墓の盗掘などのほかに海賊行為も領分とする。専門スキルは解錠。しかし海賊行為自体については他に海賊系職(軍人系)が存在し、それらに比べると限定的な能力にとどまっている。
* [[Thief (ゲーム)|Thief]] - 一匹狼の盗賊ガレットが主人公の[[ファーストパーソン・シューティングゲーム|FPS]]。直接戦闘は不得手なため、必然的に隠密行動が主体となる。一応剣と弓矢も装備しているが、[[ブラックジャック (武器)|ブラックジャック]]で敵の後頭部を殴り気絶させるのが基本戦法。暗闇に紛れて身を隠す能力を持ち、[[ピッキング]]や[[スリ]]も得意。
26,013

回編集