「ラヌッチョ2世・ファルネーゼ」の版間の差分

編集の要約なし
m (link)
編集の要約なし
[[Image:4465 - Piacenza - Ranuccio Farnese (di Francesco Mochi) - Foto Giovanni Dall'Orto 14-7-2007.jpg|thumb|right|200px|[[フランチェスコ・モーキ]]作, ラヌッチョ2世像 (1615).]]
'''ラヌッチョ2世・ファルネーゼ''' ('''Ranuccio II Farnese''', [[1630年]][[9月17日]] - [[1694年]][[12月11日]])は、[[パルマ]]公国|パルマ及び[[ピアチェンツァ]]公(在位:[[1646年]] - [[1694年]])
 
5代パルマ公[[オドアルド1世]]と妃[[マルゲリータ・デ・メディチ]]の長男として生まれた。父の死後2年間、叔父[[フランチェスコ・マリーア・ファルネーゼ]]と母の2人が摂政をつとめた。
 
オドアルドの治世の間、パルマは[[カストロ戦争]]に巻き込まれ、[[ウルバヌス8世 (ローマ教皇)|ウルバヌス8世]]の属するバルベリーニ家が得ようとした[[ローマ]]北部の教皇領を獲得した。
 
1664年、[[イザベッラ・デステ (パルマ公妃)|イザベッラ・デステ]]([[フランチェスコ1世・デステ]]の娘)と結婚。3子をもうけた。
*[[マルゲリータ・マリーア・ファルネーゼ|マルゲリータ・マリーア]](1664年 - 1718年)  [[フランチェスコ2世・デステ]]妃
*テレーザ(1665年 - 1702年)  メルテン公グスタフ2世妃
*[[オドアルド2世・ファルネーゼ|オドアルド2世]](1666年 - 1693年)  公世子。父親より先に死去。[[エリザベッタ・ファルネーゼ]]の父。
 
1668年、[[マリーア・デステ]](先妻イザベッラの妹)と結婚。7子が生まれたが成人したのは2人だけである。
*[[フランチェスコ・ファルネーゼ|フランチェスコ]](1678年 - 1727年)
*[[アントニオ・ファルネーゼ|アントニオ]](1679年 - 1731年)
 
{{先代次代|[[パルマ公の一覧|パルマ公]]|[[1646年]] - [[1694年]]|[[オドアルド1世|オドアルド]]|[[フランチェスコ・ファルネーゼ|フランチェスコ]]}}
 
{{先代次代|[[パルマ公の一覧|パルマ公]]|[[1646年]] - [[1694年]]|[[オドアルド1世|オドアルド]]|[[フランチェスコ・ファルネーゼ|フランチェスコ]]}}
{{DEFAULTSORT:らぬつちよ2}}
[[Category:パルマ公]]
匿名利用者