「コンステレーション-X」の版間の差分

m
+翻訳中途 wikify
(fromen:Constellation-X Observatory22:30, 13 June 2008)
 
m (+翻訳中途 wikify)
'''コンステレーション-X {{翻訳中途|[[:en:Constellation-X Observatory'''とはNASAが計画中のX線宇宙望遠鏡である。]]|date=2008年6月}}
'''コンステレーション-X'''({{Lang-en|''Constellation-X Observatory''}})とは[[NASA]]が計画中の[[X線]][[宇宙望遠鏡]]である。
 
X線宇宙物理学に[[ブラックホール#大質量ブラックホール|超巨大ブラックホール]]やその効果、ブラックホール周囲を周回する天体の引きずり込まれる時の[[事象の地平面]]等のの新たな窓を開く事が見込まれる。これまで動画で観測することはできなかった。しかし、X線のドップラー効果による波長偏移を観測する装置を搭載する事で天体がブラックホールに吸い込まれる様子を動画で観測でき一般相対性理論を証明できる。
 
コンステレーション-Xはブラックホールの調査のみならず、宇宙物理学の全ての分野に衝撃を与える事が見込まれる。ブラックホールの調査は一般相対性理論の貴重な証明する試験として使用されるが、コンステレーション-Xは[[暗黒エネルギー]]と[[暗黒物質]]の調査も行う。試験では物質がブラックホールに引きずり込まれる様子を測定する。
 
コンステレーション-XはこれまでのどのX線望遠鏡よりも大きく高分解能のX線分光計を備える。コンステレーション-Xは太陽系からクエーサーまでの広範囲の領域で主要な優位を確立する。コンステレーション-Xはジェームズウェッブ宇宙望遠鏡の次に優先的に進められ、製造は開始され、2,0172017年からの観測が予定されている。
to be built and operating by 2017.
 
*[http://www7.nationalacademies.org/bpa/aanm.html 2000-2010 Decadal Survey]
 
[[Category:宇宙望遠鏡|こんすてれしよんX]]
 
 
 
 
[[pt:Constellation-X]]
3,901

回編集