「安藤統男」の版間の差分

*彼の監督就任と期を合わせて、阪神はホーム用ユニフォームのデザインを伝統のスタイルにしたものに改めた(1984年に背番号の書体を変更した以外のマイナーチェンジはなく、1987年まで使用。詳しくは阪神球団の公式ホームページを参照)。その1982年の開幕当初は低迷し、ユニフォームのせいだとまでいわれた。安藤監督は[[山本和行]]を再びリリーフ専任にするなどの手を打ったところ、6月から7月にかけて11連勝を達成する。このとき大阪や神戸ではちょっとした騒ぎになり、[[1985年|3年後]]の優勝フィーバーを先取りしていた。その後8連敗(厳密には●○●○のあと8連敗)を喫して、[[月亭八方]]などの落語家や大阪のお笑い芸人にネタにされたが、最終的にAクラスを確保することができた。
*翌1983年は、前年の成績が優勝した[[中日ドラゴンズ|中日]]より1勝多く、最多勝の巨人とは1勝少ないだけだったため、ファンの間で19年ぶりの優勝の期待が盛り上がった。[[パシフィック・リーグ|パ・リーグ]]で19年ぶりの優勝が続いた([[北海道日本ハムファイターズ|日本ハム]]・[[埼玉西武ライオンズ|西武]]、いずれも前身球団から)こともあり、次は阪神という気運となったがシーズンが始まると早々に巨人の独走を許し、優勝は安藤の退任後(その後を継いだのはチームの大先輩である[[吉田義男]])に持ち越されることになった。
*1984年には、[[福間納]]が中継ぎで登板を重ね、[[稲尾和久]]の持っていたシーズン登板記録(78試合)に迫るところに来ていた。このとき、プロ野球記録の調査研究で知られた[[宇佐美徹也]]は安藤監督に手紙を書いて、「形だけの記録の更新」を思いとどまるよう懇請したという。この手紙の故であったかは定かでないが、結局福間の登板数は稲尾より1試合少ない77試合となった。また、このシーズンの終盤には[[掛布雅之]]と中日の[[宇野勝]]がホームラン王のタイトルを争い、両者同数で両チームの直接対決が最終カードとなって、お互いが敬遠合戦を演じたためプロ野球ファンから多くの批判の声があがった。このように、最後のシーズンは記録やタイトルをめぐる騒動に巻き込まれて終わる形になった。こうしたなか、シーズンオフにはスポーツ各紙が競って来期の監督人選について一面を飾り、半ば既成事実化されたような雰囲気の中、不本意にも安藤の解任が決定してしまう。解任決定時に安藤は、マスコミ関係者に「よくも俺を辞めさせたな!」と怒鳴って怒りをぶつけた。
*1984年のシーズン中自宅に差出人不明の封書が届きそれを開けた夫人の頭が一瞬にして真っ白(髪の毛が白髪になってしまった、ただし[[ベルサイユのばら#その他|実際にはそんな現象は起こりえない]])になってしまった。というのも[[ゴキブリ]]の死骸が入っていたためで送った主は氏名不詳の人物。これに限らずこの年安藤は氏名不詳の人物によるいやがらせを受けていてこれがシーズン終了後の辞任の端緒となっている
*なお、上記の件によるトラウマから安藤は辞任後再び指導者として阪神のユニフォームに袖を通すのをためらっている{{要出典}}。加えて夫人の体調の悪化により、優秀な指導者でありながら50歳の若さで現場を退いてしまったことが惜しまれる。
*[[2001年]]に夫人の脱税発覚で退陣した[[野村克也]]に代わり、阪神の監督後任候補として上げられたが、夫人の介護に専念するために断っていた。
匿名利用者