「交響曲第2番 (ブルックナー)」の版間の差分

* この曲は、ウィーン・フィルへの献呈も申し出たが「演奏不可能」と拒絶された。その後[[フランツ・リスト]]への献呈も申し出たが、果たせなかった。
* 全休止が多いので「休止交響曲」の俗称で呼ばれることもあった。また、自作の「[[ミサ曲第3番 (ブルックナー)|ミサ曲ヘ短調]]」の「キリエ」の主題が引用された箇所がある。
* ブルックナーの初期の交響曲は、[[交響曲ヘ短調 (ブルックナー)|ヘ短調]]・[[交響曲第1番 (ブルックナー)| (ブルックナー)|第1番]]・[[交響曲第0番 (ブルックナー)| (ブルックナー)|第0番]]・第2番で、様々なスタイルを模索し、第2番で一つのスタイルを確立した、とも評される。実際、これらの中では、第2番がそれ以降の交響曲のスタイルに最も近い。
* 1872年稿は、のちの[[交響曲第8番 (ブルックナー)|第8交響曲]]のように第2楽章が[[スケルツォ]]、第3楽章が緩徐楽章となっていた。しかし1873年の改訂で楽章順序は入れ替わり、第2楽章が緩徐楽章、第3楽章がスケルツォとなった。その後の改訂もこの楽章順を引き継いでいる。
* 1873年稿のみ、終楽章の最後に「第4トロンボーン」が加わる。他の[[トロンボーン]]は「A([[アルトトロンボーン|アルト]])・T([[トロンボーン|テナー]])・B([[バストロンボーン|バス]])」と記してあるが、これは「4」とのみ記されている。この部分の[[チェロ]]・[[コントラバス]]の音型の音量補強を意図したものと思われるが、この作曲家の[[管弦楽法|オーケストレーション]]としても他に似たような例はない。
匿名利用者