「UAC ターボトレイン」の版間の差分

ce
(画像追加)
(ce)
'''UAC ターボトレイン'''とは、[[ユナイテッド・エアクラフト]](UA)が製造した高速列車である。[[カナダ]]では[[1968年]]から[[1982年]]まで、[[アメリカ合衆国]]では1968年から[[1976年]]まで運行された([[1980年]]まで[[アムトラック]]には継承されなかった)。使用される車両は、両端に機関車を、その間に客車を配置した[[動力集中方式#プッシュプル方式|準動力集中方式]](のうち、ベンデルツークといわれるもの)。機関車は[[ガスタービンエンジン]]で発電した電力で[[電動機|モーター]]を駆動する[[電気式ガスタービン機関車]] (GTELs)で、営業使用された史上初のものであり、[[振り子式車両]]としても初期のもののひとつである。
[[Image:UAC Turbo train at Kingston.jpg|thumb|300px|right|UAC ターボトレイン]]
 
== 詳細 ==
車両思想のルーツは、1950年代の[[:en:Chesapeake and Ohio Railway|チェサピーク・オハイオ鉄道]]に遡る<ref>{{US patent|2859705}}, 機関車の詳細、前頭部貫通路、運転台パース図等, Alan R Cripe</ref>。それは、まだガスタービンエンジンの使用は想定されていなかったが、振り子機構(その詳細は[[振り子式車両|振り子機構]]を参照せよ)、両端に配置された機関車、[[二枚貝]]の殻が合わさったような前頭部の貫通ドアなど、高速走行のためのさまざまな革新的な研究がなされていた。
 
この列車は前述のとおり両端の機関車の間に客車が挟まれる方式で、客車には日本のものと大きく異なる振り子機能が搭載されていた。各車両は車端部の屋根部分で両側の車両から吊り下げられており、カーブにさしかかると、1軸[[連接台車]]から[[空気バネ]]をはさんで車体と結ばれ、さらに車端部の屋根部分へと伸びた複雑なリンク機構があり、カーブにさしかかるとこれが作用し、天井付近を回転の中心として車体下部が外側に振り出される<ref>{{US patent|3424105}}, 連接車における1軸台車, Alan R Cripe.</ref>(この特許にリンクの構造や車体断面図があるので参照せよ)。車両は、重心を低くするために床の高さを通常のものより75cm低くしてある。一方、日本のものは、台車の上で車体が左右にローリングするもので、その回転の中心は床の少し上くらいとなり、カーブの内側となる車体は通常よりも内側に倒れ込む。
 
1軸台車の連接機構を持つため、原則として編成を組み替えることができない。客車を増減したいときのために、前頭部に貫通ドアが設けられており、2編成を連結する際には幌で結ばれた。
 
これらの機構は[[特許]]であり、アメリカ運輸省が[[:en:Northeast Corridor|ノースイースト・コリドー]]で高速試験を行う(後述)際、エンジンを[[ディーゼルエンジン]]ではなくガスタービンエンジンに変更した以外は、特許をほぼ踏襲した。ガスタービンエンジンは有名な[[プラット・アンド・ホイットニー]](P&W)[[:en:Pratt & Whitney Canada PT6|PT6]]に小変更を加えたST6。このエンジンは4,000〜5,000[[馬力]]を発生し、[[トルクコンバータ]]を介して減速した上で発電機を駆動する。また、[[第三軌条方式|第三軌条]]から集電する装置も搭載していたので、手前にトンネルのある[[ニューヨーク州]]の[[グランド・セントラル駅]](のちに[[ペンシルバニア駅 (ニューヨーク)]])までエンジンを停止した上で乗り入れることができた。
 
このエンジンは非常に小さく、軽い。軽さは補機を入れてわずか300[[ポンド]](135[[キログラム]])しかないため、エンジンはドームの下に配置され、空いた半車分のスペースは客室とされ、その部分は「パワー・ドーム・カー」とされた。両端の機関車には、振り子機能はない。
[[1967年]][[12月20日]]、[[:en:Northeast Corridor|ノースイースト・コリドー]])にあるアメリカ運輸省の高速試験線において、ガスタービン車両における世界最高速度170.8[[mph]](時速275キロメートル)を樹立した。この試験線は[[ニュージャージー州]]の[[トレントン (ニュージャージー州)|トレントン]]〜[[ニューブランズウィック (ニュージャージー州)|ニューブランズウィック]]間のPCの幹線上にあり、記録は3両編成の列車で達成された。この記録は、現在に至るまで、北米における量産車の最高速度記録である。なお、カナダでの最高速度記録は140.6mph(時速226km)である。
 
2000年代初期には[[ボンバルディア・トランスポーテーション]]が150mph(時速240km)で走行可能な新たな振り子式ガスタービン動車[[ジェットトレイン]]を試作し、VIA鉄道とともにカナダ政府にアプローチしたが、実現しなかった。
 
== 関連項目 ==
 
== 外部リンク ==
*[http://www.sikorskyarchives.com/train.html TurboTrain] - [[シコルスキー・エアクラフト]]による営業開始前のパンフレットと解説
*[http://www.rapidotrains.com/turbo01.html ターボトレインの鉄道模型]
 
 
{{DEFAULTSORT:ゆえしたあほとれいん}}
[[Category:カナダの鉄道]]
[[Category:高速鉄道車両]]
匿名利用者