「世説新語」の版間の差分

m
(外部リンク)
[[宋 (南朝)|宋]]の臨川王であった[[劉義慶]]は文芸を好み、多くの文学の士を集めては『[[集林]]』『[[幽明録]]』などの書物を編纂した。『世説新語』もその一つで、[[後漢]]末から[[東晋]]までの著名人の逸話を集め、その内容から三十六篇に分けて編纂したものである。それぞれの項目が「孔門四科」の徳行・言語・政事・文学を初めとしてジャンルごとに分類されている。基本的に小説集であり、史実とは言い難い話も少なくない。一方、この時代に生きた様々な人物の言動や思想を知り、同時代の世相を掴む上で貴重な書物と言え、取り上げられた人物が後代いかなるイメージを持たれていたかを推測することもできる。
 
成立の背景としては、後漢末期から行われるようになった人物評論([[月旦評]])が魏晋期の貴族社交界でも継承され、過去の人物に関する伝説を一書にまとめようとする機運が高まったことが挙げられよう。とりわけ中心的な主題となったのは「[[清談]]」である。いわゆる「[[竹林の七賢]]」に代表される[[老荘思想]]に基づいた哲学的談論が、当時の貴族サロンでもてはやされたことを裏付ける資料ともなっている。
 
『世説新語』が編纂されてから一世紀も経たないうちに、[[梁 (南朝)|梁]]の[[劉孝標|劉孝標(劉峻)]]が注を付けている。劉孝標の注は、記述を補足し不明な字義を解説するだけではなく、本文中の誤りを訂正したり、また、現代では既に散逸した書物を多く引用したりしており、[[裴松之]]の『[[三国志_(歴史書)|三国志]]』注、[[酈道元]]の『[[水経注]]』などと並び、六朝期の名注として高く評価されている。
1,417

回編集