「伊達宗遠」の版間の差分

+没日等
(+没日等)
'''伊達 宗遠'''(だて むねとう、[[正中 (日本)|正中]]元年([[1324年]]) - [[元中]]2年/[[至徳 (日本)|至徳]]2年[[5月20日 (旧暦)|5月20日]]([[1385年]][[6月28日]]))は[[守護大名]]。[[伊達氏]]第8代当主。官位は従五位下、弾正少弼。父は[[伊達行宗]]、母は[[田村氏]]の娘・静照院。息子に[[伊達政宗 (大膳大夫)|伊達政宗]]など。 宗遠の息子の[[大条宗行|宗行]]は、[[大条氏]](大枝)<ref>大条氏の宗家は明治期に伊達に復姓している。</ref>の祖となった。
 
== 経歴 ==
[[1380年]]頃から[[長井氏]]を攻め立てた。宗遠は周辺各氏との一揆契約や騙し討ちなどの謀略を駆使し、長井氏を確実に切り崩していった。結局[[1385年]]には長井氏は滅亡し、伊達氏は米沢を手に入れる事になった。
[[1381年]]には[[大崎氏]]と戦い信夫郡、刈田郡、伊具郡、柴田郡を奪い、また、[[武石行胤]]を破り亘理郡も実質的な支配下に組み入れている。
 
この時代には小沢氏、余目氏などと一揆契約を結んでいる。
この時代には小沢氏、余目氏などと一揆契約を結んでいる。また、米沢の[[成島八幡宮]]の拝殿を改築している。
 
==系譜==
伊達氏初期系図には色々と差異が生じていたり、同時代の史料と食い違う部分も見られる。
 
行宗-宗遠の場合、[[1348年]]の『[[奥州管領]][[吉良貞家]]の書状』の中に「伊達宮内大輔行朝者死去、子息万寿丸幼稚代官[[伊達宗政|伊達修理亮宗政]]」とみえ、また宗遠の初見は[[1342年]]の『[[五辻顕尚]]の書状』の中の伊達飛騨前司とある為、宗遠は行宗(行朝)の子息で無い可能性も指摘されている<ref>小林清治『東昌寺と陸奥安国寺』、『伊達政宗のすべて』(新人物往来社)</ref>。
行宗-宗遠の場合、[[1348年]]の『[[奥州管領]][[吉良貞家]]の書状』の中に
 
「伊達宮内大輔行朝者死去、子息万寿丸幼稚代官[[伊達宗政|伊達修理亮宗政]]」とみえ、
[[1377年]]に伊達宗政(修理亮)が[[留守持家]]と一揆を結んだとの史料(一揆契約の書状)もあり、修理亮宗政と宗遠が同時代の人であることがわかる。また、伊達行宗の子息には[[伊佐城]]主となった[[伊達行資|伊達宮内太郎行資]]([[伊佐岡氏]]祖)がおり、行資こそが万寿丸で、宗遠は「行宗の庶子」「行宗の弟」「有力な親族」の何れかである可能性が指摘されている{{要出典|2007年12月27日。誰が指摘したのか書いておくとよい}}。
また宗遠の初見は[[1342年]]の『[[五辻顕尚]]の書状』の中の伊達飛騨前司とある為、
宗遠は行宗(行朝)の子息で無い可能性も指摘されている<ref>小林清治『東昌寺と陸奥安国寺』、『伊達政宗のすべて』(新人物往来社)</ref>。
[[1377年]]に伊達宗政(修理亮)が[[留守持家]]と一揆を結んだとの史料(一揆契約の書状)もあり、
修理亮宗政と宗遠が同時代の人であることがわかる。
また、伊達行宗の子息には[[伊佐城]]主となった[[伊達行資|伊達宮内太郎行資]]([[伊佐岡氏]]祖)がおり、行資こそが万寿丸で、宗遠は「行宗の庶子」「行宗の弟」「有力な親族」の何れかである可能性が指摘されている{{要出典|2007年12月27日。誰が指摘したのか書いておくとよい}}。
 
==脚注==
<references/>
 
{{DEFAULTSORT:たてむねとう}}
{{伊達氏宗家歴代当主}}
{{DEFAULTSORT:たて むねとう}}
[[Category:1324年生]]
[[Category:1385年没]]