「愛のトリートメント」の版間の差分

編集の要約なし
アメリカの片田舎のある高級娼館を舞台に、[[コスプレ]]売春をほどこす3人の娼婦を描いたプチ・エロティック・コメディ。監督は『[[マーズ・アタック]]』の脚本家であるジョナサン・ジェムズで、本作が監督デビュー。パム・ジェムズの戯曲が原作。
 
3人の娼婦のうちの1人が[[ジュリー・デルピー]]で、店のNO1の風俗嬢を生き生きと演じている。他、[[マイケル・ヨーク]]、[[ダニエル・ボールドウィン]]、[[シーモア・カッセル]]、[[ヴァンサン・ペレーズ]]等が脇役として顔を出している。
 
 
匿名利用者