「ヴェリーキエ・ルーキ」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
[[Image:Coat of Arms of Velikie Luki (Pskov oblast).png|thumb|市の紋章]]
[[Image:Krepostluki2.jpg|thumb|250px|旧ヴェリーキエ・ルーキ要塞の敷地内にある第二次世界大戦記念碑]]
[[Image:VLuki pamatnikMatrosovu.jpg|thumb|250px|[[ソ連邦英雄]]アレクサンデル・マトロソフの記念碑]]
[[Image:Coat of Arms of Velikie Luki (Pskov oblast).png|thumb|100px|市の紋章]]
'''ヴェリーキエ・ルーキ'''(ヴェリキエ・ルキ、[[ロシア語]]:{{lang|ru|Вели́кие Лу́ки}};ラテン文字表記: Velikiye Luki / Velikie Luki)は[[ロシア]]の[[プスコフ州]]南部の町。蛇行しながら流れる[[ロヴァチ川]]の河畔にある。街の名は、「大きな蛇行」を意味する。人口は104,979人(2002年国勢調査)で、プスコフ州では2番目に大きな都市でありヴェリーキエ・ルーキ空港もある。南にはロシアと[[ベラルーシ]]の国境がある。
 
[[第二次世界大戦]]では、[[1941年]]と[[1942年]]、ロヴァチ川や東西南北への鉄道が走るヴェリーキエ・ルーキ周辺はドイツ軍とソ連軍の激戦地となった。1942年末の[[ヴェリーキエ・ルーキの戦い]]では、街に立て篭もる7,000人ほどのドイツ軍部隊がソ連軍に包囲された。数ヶ月間にわたり[[スターリングラード攻防戦]]にも匹敵する激しい攻囲戦・市街戦が行われたが、包囲された部隊を救援する作戦にも失敗したドイツ軍は[[1943年]]1月に降伏した。この戦闘で街並みは完全に破壊された。
 
ヴェリーキエ・ルーキは[[ソ連邦元帥]][[コンスタンチン・ロコソフスキー]]の出生地とされる。また[[ソ連邦英雄]]となった兵士アレクサンデル・マトロソフはこの地に眠っている。この近くの村で生まれた音楽家[[モデスト・ムソルグスキー]]の記念館は町からほど近い湖のそばに建っている。
 
== 外部リンク ==