「歩兵砲」の版間の差分

編集の要約なし
'''歩兵砲'''(ほへいほう)とは、[[歩兵]]の近接支援を行い陣地などを[[榴弾]]で攻撃するため、歩兵科が独自に運用する目的を以って整備される[[火砲]]を言う。即ち、砲でありながら[[砲兵科]]の管轄でないことが唯一最大の特徴となる。しばしば'''IG (Infantry Gun)'''と略される。また従って、配備先は[[歩兵連隊]]~[[大隊]]となる。
 
広義には[[迫撃砲]]を含むが、一般に歩兵砲と言う場合は通常形式の火砲を指す。また、現在の軍隊では旧来歩兵砲の担っていた地位はほとんど迫撃砲や[[無反動砲]]、[[対戦車ロケット弾|対戦車ロケットランチャー]]、[[対戦車ミサイル]]に置き換えられており、いわゆる歩兵砲は、もはや過去の存在である。
 
歩兵砲の性能の上限を定めるものは、しばしば各国において歩兵科と砲兵科の管轄争いの結果となって現われる。各国陸軍部内における両兵科の発言力によって異なるものの、射程や口径の面で一定以下の規模であることが歩兵砲にはまず求められる。
匿名利用者