「ネットカード」の版間の差分

ce, クレジットカード事業に関する部分の重複を解消
(ce, クレジットカード事業に関する部分の重複を解消)
'''ネットカード株式会社'''(NETCARD, Inc.)は、[[GMOインターネット]]グループに所属していた、[[消費者金融]]、[[事業者金融]]及び[[M&A]]を扱う会社。1997年10月設立(創業1976年04月)。2007年現在の社名へ変更
[[GMOインターネット]]グループに所属していたが、グループ離脱とともに2007年現在の社名へ変更。
 
'''オリエント信販株式会社'''として1976年に創業。1997年10月設立。2005年にGMOインターネットに買収され、2006年6月23日にオリエント信販株式会社から'''GMOネットカード株式会社'''に社名変更した。その後、同グループからの離脱に伴い2007年8月21日に現在の「'''ネットカード株式会社'''」へ社名変更した。
 
2005年にGMOインターネットに買収され、2006年6月23日にオリエント信販株式会社からGMOネットカード株式会社に社名変更した。その後、同グループ離脱に伴い2007年8月21日に現在の「'''ネットカード株式会社'''」へ社名変更した。
本社所在地は、東京都渋谷区。
かつて東証一部上場のGMOインターネット株式会社の連結子会社であった。
さらに2006年に二つの企業グループを相次いで買収したため、急激に事業規模が拡大している。
 
旧社名「オリエント信販」が紛らわしいが、信販大手の[[オリエントコーポレーション]]([[オリコ]])と無関係である。
 
== コア事業 ==
2005年にネット系企業である[[GMOインターネット]]に買収されたため、インターネット専業金融会社にシフトしている。事業の柱としてインターネットを介した消費者金融事業、事業者金融事業、[[M&A]]事業に重点を置き、[[クレジットカード]]事業の立ち上げを計画している。(あくまで[[サラ金]]主体)
特徴的なのは、消費者金融事業では来店型の店舗が存在しないことであり、消費者金融業界でも異質な存在となっている。このためインターネットでのファイナンスサービスへの本格参入に当たっては短期間での劇的な拡大に成功してる。
 
特徴的なのは、消費者金融事業では来店型の店舗が存在せず、[[コールセンター]]による貸金業務に特化ことであり、消費者金融業界でも異質な存在となっている。このためインターネットでのファイナンスサービスへの本格参入に当たっては短期間での劇的な拡大に成功してる。
さらに、クレジットカードビジネスへの参入を目指し、2006年に信販免許を取得した('''全国信販協会の正会員ではない''')。
一般的に言われる信販事業(クレジットカード、ショッピングクレジット(商品分割払い)消費者契約)は、行っておらず、コールセンターによる貸金業務に特化しているが、2006年信販免許の取得により、クレジットカードビジネスへの参入を明確化させた。
 
2008年現在、一般的に言われる信販事業(([[クレジットカード]]、ショッピングクレジット(商品分割払い)消費者契約)は、行っておらず、コールセンターによる貸金業務に特化していないが、2006年信販免許の取得により、クレジットカードビジネスへの参入を明確化させた。
今後、[[楽天]]と楽天クレジット(消費者金融会社)、[[楽天KC]](クレジットカード会社)の関係に相当する、GMOインターネットとの関係に傾斜していくと思われる。<br>
さら2006年信販免許の取得より、クレジットカードビジネスへの参入を目指し、2006年に信販免許を取得し明確化させ('''[[全国信販協会]]の正会員ではない''')。
<!--
今後、[[楽天]]と楽天クレジット(消費者金融会社)、[[楽天KC]](クレジットカード会社)の関係に相当する、GMOインターネットとの関係に傾斜していくと思われる。<br-->
<!--楽天での解説はここに置くのは余計
※ 勘違いされやすいが楽天のクレジットカード事業を担う会社は[[楽天KC]]であり、楽天クレジット(消費者金融会社)とは別物である。楽天との[[提携カード|提携クレジットカード]]である楽天カードも楽天KCが発行する。(楽天KCは全国信販協会の正会員であるが楽天クレジットは会員ではない)
-->
== 信販・クレジットカードへの参入の動き ==
従来ネットカード企業は、一般的に言われる[[信販会社]]ではなく、消費者金融業務に特化した会社であった。
旧社名時代「オリエント信販」など「信販」を用いた法人名を持っていたが、[[銀行法]]などで制限される会社名への「銀行」などのような名称制限がないため、業務内容にかかわらず自由に名称を付けることが可能であった。(同様の例では、消費者金融大手の[[三洋信販]]などがある)
 
[[グレーゾーン金利]]撤廃に伴い、クレジットカード、信販、貸金業(消費者金融)の上限金利が一律に同率になるため、収益性の健全化を目的としたクレジットカード事業への進出を表明した。
== 信販・クレジットカードへの参入 ==
従来のネットカードは、一般的に言われる[[信販会社]]ではなく、消費者金融業務に特化した会社であった。
旧社名時代「オリエント信販」など「信販」を用いた法人名を持っていたが、銀行法などで制限される会社名への「銀行」などのような名称制限がないため、業務内容にかかわらず自由に名称を付けることが可能であった。(同様の例では、消費者金融大手の[[三洋信販]]などがある)
 
グレーゾーン金利の撤廃に伴い、クレジットカード、信販、貸金業(消費者金融)の上限金利が一律に同率になるため、収益性の健全化を目的としたクレジットカード事業への進出を表明した。
2006年、信販免許を取得したものの、事業スキームの発表は今のところ行われておらず、開始時期は未定となっており、全国信販協会の正会員登録はされていない。
 
== 主力商品 ==
*[http://netcard.jp/ ネットカード] - インターネット専用キャッシング・ローンサービス
*[http://001010.jp/ ベティローン] - 女性専用キャッシング・ローンサービス
2008年現在はまだクレジットカードはない。
 
== 会社概要 ==
 
== 沿革 ==
*1976年044オリエント信販として設立。[[個人ローン]]事業開始
*2000年044月 富士キャッシュサービスを吸収合併
*2000年066月 [[ユニゾン・キャピタル]]・パートナーズが経営権取得
*2000年10月 中期計画「MUST プロジェクト」開始
*2001年011月 キャラクターに「[[ベティ・ブープ|Betty Boop]]」を採用
*2001年044月 [[メリルリンチ日本証券]]と共同で消費者ローン証券化スキームを開発
*2001年10月 会員制度「クラブデイジー」を発足
*2002年011月 [[日本格付研究所]](JCR)より格付(トリプルBマイナス)取得
*2002年044月 人事制度を「役割等級制度」に刷新
*2002年088月 [[IBM]]と「総合リスク管理システム」を開発し、ビジネス特許申請
*2002年099月 新システムスタート
*2002年10月 中期計画「プロジェクト MIRAI」開始
*2002年12月 5サポートセンター化(仙台・東京・大阪・岡山・福岡)
*2003年033月 [[UFJ銀行]]と振込み専用カードで業務提携
*2003年066月 [[イーバンク銀行]]とeバンクローンプラザで業務提携
*2003年088月 「総合リスク管理システム」を米国にビジネス特許申請、2コンタクトセンター化(東京・大阪)
*2004年066月 (株)ニッシン(現[[NISグループ]])の個人ローン約336億円の債権譲渡契約を締結
*2004年099月 ボトムアップ方式によるコミュニケーションシステム「セッション・ユナイト」導入
*2004年10月 クラブデイジー閉鎖
*2005年011月 特定非営利法人 コミュニティ支援センターと女性[[起業家]]支援による業務協定
*2005年088月15日 [[ユニゾン・キャピタル]]・パートナーズは、[[GMOインターネット]]との間で、保有する株式全部を譲渡する契約を締結
*2005年099月30日 [[ユニゾン・キャピタル]]・パートナーズが保有する当社の全株式(持ち株比率94.28%)を[[GMOインターネット]]が取得
*2006年033月 GMOインターネットと同社とイーバンク銀行はインターネット金融事業における関係強化を目的とした資本・業務提携を発表。
*2006年066'''GMOネットカード'''株式会社へ社名変更。併せてコーポレートブランド室を新設
*2006年088月 [[三貴商事]]株式会社(ミキクレジット)および、その子会社である[[ジャクソンファイナンス]]の全株式を取得し、完全子会社化した。
*2007年033月 三貴商事株式会社(ミキクレジット)および、その子会社であるジャクソンファイナンスを吸収・解散した。
*2007年088月 GMOグループからの離脱に伴い、ネットカード株式会社へ社名変更。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者