「CD-ROM2」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
|次世代ハード = [[SUPER CD-ROM2|SUPER CD-ROM²]]
}}
'''CD-ROM²'''('''シーディーロムロム''')とは、[[1988年]][[12月4日]]に[[日本電気ホームエレクトロニクス]](NECホームエレクトロニクス)より発売された[[PCエンジン]]用の周辺機器。
 
また、それを用いたゲームソフトの[[プラットフォーム]]の呼称。
 
PCエンジン本体との接続はインターフェースユニットと、[[HuCARD]]差し込み口に入れるシステムカード (ROM) の組み合わせで行う。
[[ソフトウェア]][[メディア (媒体)|媒体]]として採用したCD-ROMは従来の[[コンシューマーゲーム|家庭用テレビゲーム機]]で用いられていた[[ロムカセット|ROMカートリッジ]]と比較して[[データ]]へのアクセス速度が劣るが、大容量、低価格、量産時間の短縮といった利点があり、コンピュータゲームの表現方法から[[流通]]にまで幅広く影響を与えた。
 
非常に高価なシステムだったが、[[天外魔境 ZIRIA|天外魔境]]や[[イースシリーズ|『イース』シリーズ]]などのCD-ROMの大容量を活かしたキラータイトルにより普及する。
 
なお、CD-ROMだけでなく、[[Random Access Memory|RAM]]の拡張や、大容量[[コンデンサ|キャパシタ]]を使用してのバックアップ機能、[[AV端子|AV出力]]の追加、[[適応的差分パルス符号変調|ADPCM音源]]([[沖電気工業|沖電気]] MSM5205)搭載などの機能拡張も行われている。また、CD-ROMドライブ部は[[PC-8800シリーズ|PC-8801MC]]のCD-ROMドライブとしても使える他、PCエンジン本体用のACアダプタを接続することで、ヘッドホン式の卓上[[CDプレーヤー]]としても使用できる。PCエンジン本体部だけを外した状態でも音楽CDの再生は可能である。
 
== その他 ==
* CD-ROM²用ソフトウェアのNECホームエレクトロニクスへのマスターデータの納品は長らく[[磁気テープ]]で行われていた(8ミリマスターと呼ばれる)これは当時[[CD-R]]ドライブ登場の端境期に当たっていたためである。
* 海外での[[w:TurboGrafx-CD#TurboGrafx-CD|TurboGrafx-CD]]のデモンストレーションの際、TurboGrafx-CDのCD-ROMドライブをパソコン用等速[[Small Computer System Interface|SCSI]] CD-ROMドライブとして使用する例を実機を使って展示していた。なお、このシステムは結局発売されなかった。
* 対応ソフトウェアには、いわゆる[[コピーガード]]は一切掛けられていない。当時は記録型CDメディア/ドライブの一般向けへの普及が全く考慮されておらず、CD-ROMメディアであること自体がコピーガードとして機能していたためである。
1,598

回編集