「可算名詞」の版間の差分

編集の要約なし
単数の不定の可算名詞は「[[冠詞|不定冠詞]] a / an +単数形」、複数の不定の可算名詞は無冠詞の複数形で表す。不定の不可算名詞は無冠詞(の単数形)で表す。定性(文脈から「どれ」と特定されうるもの)のものは、可算・不可算、単数・複数に関係なく、「定冠詞 the +名詞」という形で表す。
 
また,「可算名詞+ of +不可算名詞」の形で不可算のものが可算化されたものを数えることもある。例えば、物質であり不可算であるコーヒーは、カップに入れられて形のあるモノとなり、1杯、2杯と数えることができるようになる。このようにして可算化された「カップ1杯のコーヒー」を a cup of coffee と表現する。2杯ならば two cups of coffee となる。a coffee や two coffees などと表現することはできない<ref>実際には『ルミナス英和辞典』(研究社)、綿貫陽 ほか『ロイヤル英文法』(旺文社)にもあるように、コーヒーを注文するときなどに、 a coffee や two coffees という表現が許容されている。</ref>。この場合も、どれか特定の1杯のコーヒーなら the cup of coffee となる。
 
前述のアスパラガスやブロッコリーを数える場合は、以下のような表現が使われるといわれている。
このような事情があるため、通常、フランス語の辞書には、可算名詞には [C]、不可算名詞には [U] などといった記号は付けられていない。
 
==参考文献・脚注==
<references/>