「大深度地下」の版間の差分

編集の要約なし
'''大深度地下'''(だいしんどちか)とは、[[2001年]]に施行された「大深度地下の公共的使用に関する特別措置法」(通称:大深度法)による地下利用の新概念。[[1980年代]]の[[バブル景気]]を頂点とした地価高騰時に考え出されたものであり、通常利用されることのない深度の地下空間を公共の用に利用できることとし、都市の形成に不可欠な都市[[道路トンネル]]や[[共同溝]]等の建設を促進させるために法制化された。
 
しかし、大深度の地下利用自体、換気、災害時の安全性の確保など技術的な問題や建設コストの問題もあり、[[2007年]]3月現在、大深度法を適用して完成した構造物は存在していない。第1号の適用は神戸市が行っている送水管の敷設事業となる見込みである。