「松井やより」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[2000年]]12月に開催された[[女性国際戦犯法廷]]で国際実行委員会共同代表の1人となり、日本側主催者の代表となった。
 
[[テレビ朝日]]『[[朝まで生テレビ!]]』(1998年[[10月30日]]放送分)において、日本軍が中国で残虐行為をしたという自説を展開した後、司会者の[[田原総一郎]]により彼女の父が陸軍で中国での作戦に参加していたことを問われると、兵隊ではあるがキリスト教の牧師であるので、軍隊の中でこっそりハンストなどをおこなった、殴るのではなく殴られていた、通信隊に移ったので悪い事はしなかったなどと主張し、父親だけは残虐行為はしていないと述べたため、他のパネリストから失笑を買った。この時の映像は、数多く残されており、今でも閲覧が比較的容易にできる。
 
また、同番組において、パネリストの[[金美齢]]と議論が白熱した際、「あの、でもね、キムさん…」と呼びかけ、金美齢から 「わたしの名前は、"きん"です。」と抗議された事が知られている。
383

回編集