「鉄筋コンクリート構造」の版間の差分

編集の要約なし
 
上記の条件を勘案した上で鉄筋コンクリート構造を用いた高層建築物を建設する際には他の構造を併用した複合構造によるHigh-RC等を採用することが多い。
 
 
== 建築基準法による使用材料の制限 ==
 
建築基準法によるによると、梁(はり)や柱に使用するコンクリートは[[日本工業規格]](JIS)に基づき砂利やセメントなどを原料とするよう規定しており、[[溶融スラグ]]を柱などに使うと同法違反となる。理由として、溶融スラグを使用するとコンクリート内部が膨張し、コンクリート表面が2、3mm剥れてしまう「[[ポップアウト]]」現象が起こるからである。
<!--2008年7月9日の読売新聞に、神奈川県藤沢市のコンクリート製造会社「六会(むつあい)コンクリート」が、生コンクリートに日本工業規格(JIS)で認められていない一般ごみの焼却灰から作ったガラス状の粒「溶融スラグ」を混ぜて生コンクリートを製造販売したとの記事が載った。-->
 
== 関連項目 ==
匿名利用者