「ウラジーミル・ココツェフ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: fr:Vladimir Nicolaïevitch Kokovtsov)
[[Image:Kokovtsov.jpg|thumb|250px|ウラジーミル・ココツェフ]]
'''ウラジーミル・ニコラエヴィッチ・ココツェフ[[伯爵]]'''([['''ココフツォフ]]'''、'''{{Lang|rus|Влади́мир Никола́евич Коковцо́в}}'''、'''Vladimir Nikolayevich Kokovtsov'''、[[1853年]]~[[1943年]])は、[[帝政ロシア]]の[[政治家]]。皇帝[[ニコライ2世]]の下、[[ロシアの首相|首相]]、[[大蔵大臣]]などを歴任した。[[日本]]との関係では[[伊藤博文]]が[[安重根]]に[[暗殺]]される直前に[[ハルピン]]で会談予定の相手として知られる。
 
ロシア帝国経済省勤務を経て、[[1890年代]]中頃には、[[セルゲイ・ヴィッテ]]蔵相の下でヴィッテを補佐した。その後いくつかの官職を経て、[[1904年]]蔵相となる。その後、[[イワン・ゴレムイキン]]、[[ピョートル・ストルイピン]]両内閣でも蔵相を務めた。[[1911年]]ストルイピン暗殺後は、ストルイピンの後を継いで蔵相兼務のまま、大臣会議議長(首相)を務めた。首相退任後は伯爵の爵位を授与される。[[1917年]][[ロシア革命]]が勃発すると、家族とともに[[フィンランド]]に亡命する。その後[[パリ]]に移り、死去するまで亡命ロシア人([[白系ロシア人]])社会の重鎮であった。
匿名利用者