「ニコライ・パトルシェフ」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''ニコライ・プラトノヴィッチ・パトルシェフ'''('''{{Lang|rus|Николай Платонович Патрушев}}'''、'''Nikolai Platonovich Patrushev'''、 [[1951年]][[7月11日]] - )は、[[ロシア]]の[[政治家]]。[[連邦保安庁|ロシア連邦安全安庁障会議]](FSB)長官書記。[[上級大将]]。[[シロヴィキ]]の有力者の一人。[[ロシア連邦英雄]]。
 
==経歴==
1951年7月11日、[[レニングラード]](現在の[[サンクトペテルブルク]])に生まれる。[[小学校]]時代の同級生に内相、下院議長、与党「[[統一ロシア]]」党首を歴任した[[ボリス・グルイズロフ]]がいる。[[1974年]]、レニングラード造船大学を卒業する。大学卒業後の[[1975年]]からソ連国家保安委員会([[ソ連国家保安委員会|KGB]])の要員となる。KGB高等学校、特技向上課程を修了し、レニングラード市及び同州のKGB支部において、初級作戦係、市班長、地区課副課長、密輸・汚職対策課長として勤務する。
 
ソ連崩壊後は、KGBの解体を受けて、[[ロシア保安省]](MB)に移り、[[1992年]]、[[カレリア共和国]]保安相に就任する。[[1994年]]から[[モスクワ]]勤務。[[ロシア連邦防諜庁]](FSK)内査局長、FSB[[ロシア連邦保安庁]](FSB)組織・人事業務部組織監察局長。[[1998年]]8月、[[ロシア大統領府]]副長官兼監督総局長。同年10月、FSB経済保安部長を歴任した。
 
[[1999年]][[8月9日]]、[[ボリス・エリツィン|エリツィン]]がFSB長官兼安全保障会議書記だった[[ウラジーミル・プーチン|プーチン]]を首相代行(後に首相)に任命したため、同日プーチンの後任として、FSB長官代行、[[8月16日]]に正式に長官に就任した。以後、プーチン政権発足以来、同庁長官として、[[チェチェン]]などに関するテロ事件に対応している。2001年大将となる。プーチンに対し絶対的な忠誠心を持ち、プーチンから全幅の信頼を寄せられていると言われる。
 
[[2008年]][[5月12日]][[ドミトリー・メドヴェージェフ]]大統領就任に伴い、ロシア連邦安全保障会議書記に就任。
 
==パーソナル==
* [http://www.fsb.ru/history/liders/patrushev.html FSBによる経歴] (ロシア語)
 
{{先代次代|ロシア連邦保安庁長官|[[1999年]] - [[2008年]]|[[ウラジーミル・プーチン]]|[[アレクサンドル・ボルトニコフ]]}}
{{先代次代|ロシア安全保障会議書記|[[2008年]] - |[[ワレンチン・ソボレフ]](代行)|現職}}
 
[[Category:ロシアの政治家|はとるしえふ にこらい]]
匿名利用者