「藤原宇合」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''藤原宇合'''(ふじわらのうまかい、[[持統天皇]]8年([[694年]]) - [[天平]]9年[[8月5日 (旧暦)|8月5日]]([[737年]][[9月7日]]))は[[奈良時代]]の政治家。[[藤原不比等]]の三男。初めは「馬養」と名乗るが、[[遣唐使]]の副使として入唐後、「宇合」に改めたか。[[官位]]は[[正三位]]勲二等[[参議]][[式部卿]]兼[[宰帥]]。
 
==生涯==
 
[[霊亀]]2年[[716年]]8月正六位下で遣唐副使に任命。これが史料の初見。翌月従五位下に。[[養老]]元年([[717年]])入唐。翌年10月に帰国。。[[養老]]3年([[719年]])正月には正五位下と見え、遣唐副使の功により正五位上となる。同年7月の[[按察使]]設置時に、常陸守として安房・上総・下総3国の按察使に任命。[[養老]]5年([[721年]])に四階進んで正四位上。
 
[[神亀]]元年([[724年]])4月[[式部卿]]で[[持節大将軍]]に任命され出兵。[[蝦夷]]の反乱を平定し11月帰還。この功により翌年[[位階]][[勲等]]を進められ[[従三位]]勲二等となる。[[神亀]]3年([[726年]])[[式部卿]]のまま知造[[難波宮]]事。後期[[難波宮]]造営の責任者となる。この後[[天平]]元年([[729年]])の[[長屋王]]の変時も[[式部卿]]として対応。[[天平]]4年([[732年]])には、参議・式部卿として[[西海道]]節度使となる。この時の詩が[[懐風藻]]にあり、[[高橋虫麻呂]]の見送る歌が[[万葉集]]に残る。なお、[[宝亀]]11年([[780年]])に、宇合の時の警固式を用いるようにとの命令が出ている。
[[天平]]9年[[737年]][[8月5日 (旧暦)|8月5日]]参議式部卿兼大宰帥正三位で没。長男[[藤原広嗣]]が[[藤原広嗣の乱|反乱]]を起こすのはこれから3年後のこと。[[藤原式家]]の祖。