「Pop'n music」の版間の差分

m
曲の各譜面ごとに設定されているレベルによる難易度。一般に数値が高いほど難易度が高い。
 
ただし、新作が稼動するたびに前作からの引継ぎ曲のレベル数値設定の調整が頻繁に行われるため、絶対的な難易度の指標とは言い切れない。レベルとして設定されている数値よりも、譜面の傾向に対する個人の得手不得手のほうがクリアの可否に与える影響が大きいと思われ、自分のクリアできる最も高いレベルの曲よりも低いレベルの曲がクリアできない事もしばしばある。
 
また、譜面による難易度が違う場合は数値が同じでも難易度に大きな差があると感じられる事もある。現在最新作であるAC16およびCS14までに登場した最も高いレベルは43だが、BATTLEモードでは例外的にレベルの最大値が48まで存在する(オイパンク0のバトルHなど)。しかし、BATTLEでは曲をクリアするという概念がないため、この数値はただの目安にすぎない。
 
またAC6では「色譜面」([[#特殊な上級譜面|特殊な上級譜面]]参照)が存在したため、この影響でほぼ全ての曲のチャレンジポイントの数値が機械的に「総ノート数÷20(小数点以下は切り捨て)」となっていた。また、AC6ではEXTRA STAGE以外での単体プレイが不可能だったEX譜面にはこの数値が設定されていない。このため、譜面によっては数値が60を超える物もあるが、これは正確には難易度を示す数値ではないためあまり参考にはならない。また、同作ではEXTRA STAGE以外での単体プレイが不可能だったEX譜面にはこの数値が設定されていない。
 
上記の数値による表記とは別に、AC5から8までは「カンタン」「神かも」などの短い言葉で、AC6では最大12個、AC7から11までは最大8個の星印で、それぞれ大まかな難易度表示が設定されていた(AC9とAC11の星印表示はNORMALモードのみ)。AC12からはNORMALモードがCHALLENGEモードに統合された事に伴い、ENJOYモードとEXPERTモードのみ最大5個の星印(AC15以降のEXPERTは最大10個)による難易度表記があるだけとなり、ほとんどが数値によるレベル表記に統一された。
1,598

回編集