「子供番組」の版間の差分

その大半は[[学校教育]]・[[社会教育]]・[[情操教育]]を目的とした[[教育番組]]だが、『[[おはスタ]]』など[[娯楽]]を主とした子供番組もあり、広義では[[アニメ番組]]や[[特撮番組]]や『[[ケンちゃんシリーズ]]』のような子供向けの[[ドラマ]]も含まれる。子供番組としての実写ドラマは80年代以降減少したが、2000年代以降特撮番組や『[[まるまるちびまる子ちゃん]]』のような児童向けドラマがやや増加傾向にある。
 
子供の興味や好奇心を惹くような工夫がこらされ、いくつかのコーナーを組み合わせた比較的テンポの早い展開のものや、近年では[[コンピュータグラフィックス|CG]]を駆使したものも増えている。[[着ぐるみ]]・[[人形]]・CGなどによる[[マスコット]][[キャラクター]]が出演している事も多い(『[[ポンキッキ (曖昧さ回避)シリーズ|ポンキッキ]]』シリーズの[[ガチャピン]]・[[ムック (ひらけ!ポンキッキ)|ムック]]など)。
 
中には「親子で楽しめる」事を目的に、大人の鑑賞にも耐えうるような練り込んだ内容で、大人のファンがついているものもある。『[[カリキュラマシーン]]』『[[ウゴウゴルーガ]]』『[[ピタゴラスイッチ]]』等はその先進的・実験的な内容で幅広い年齢層に話題を呼んだ。また数年もの長きにわたってシリーズ化され、世代を通じて視聴されているものも多い。
5,901

回編集