「ミハイル・ヴォロンツォフ」の版間の差分

編集の要約なし
 
==経歴==
14歳で、エリザヴェータ・ペトローヴナ大公女(後のエリザヴェータ女帝)の宮廷で小姓?[[w:kammerjunker]]に任命された。[[1741年]][[12月6日]]エリザヴェータは、貴族達に担がれ、[[プレオブラジェンスキー連隊]]の武力を背景に[[クーデター]]を起こし、年少の[[イヴァン6世 (ロシア皇帝)|イワン6世]]に取って代わり帝位に就く。ヴォロンツォフは、クーデターで女帝を物質面で支援した。[[1742年]][[1月3日]]女帝の従姉妹に当たる、アンナ・スカフロンスカヤと結婚する。[[1744年]]には、伯爵位を授与され、副宰相に任命される。この頃の宮廷の実力者として[[アレクセイ・ベストゥージェフ=リューミン|アレクセイ・ペトローヴィッチ・ベストゥージェフ=リューミン]]伯がいるが、ヴォロンツォフは、ベストゥージェフに対して敵意を燃やし、同じく女帝の側近で侍医のアルマン・レストック Armand Lestocqと共謀し、反ベストゥージェフ一派に参加した。反対派がベストゥージェフによって打撃を受けた後も、ヴォロンツォフに対しては、その熟練した文章やヴォロンツォフ一族が女帝に示した数々の贈答によって、エリザヴェータの寵愛が深かったため、宮廷からの追放を免れることができた。とはいえ、ヴォロンツォフは、ベストゥージェフが大宰相として宮廷の中心となっていた期間は、幾分、失意の時を過ごさざるを得なかった。
 
ベストゥージェフが失脚し、エリザヴェータ女帝によって、ヴォロンツォフは、後任の大宰相(帝国宰相)に就任する。英語版によると、ヴォロンツォフは、善意に充ち、公正な人物であったが、政治家としては、非常に臆病で決断力に欠けていたとされる。一方で、[[アンリ・トロワイヤ]]、及び[[池田理代子]]の『女帝エカテリーナ』では、ベストゥージェフやエカテリーナ2世を向こうに回すヴォロンツォフ一族の領袖、政略家として描写されている。ともあれ、エリザヴェータ女帝の支持を得、プロイセンに対しては、公然と敵意を剥き出しにし、[[オーストリア]]、[[フランス]]と良好な関係を維持した。しかし、
匿名利用者