「三事兼帯」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[延喜]]5年([[905年]])の[[藤原清貫]]が初例である。[[蔵人頭]]・五位蔵人が弁官を兼帯したり、五位・六位蔵人が[[検非違使]]を兼帯することはしばしばあった。しかし一人で三つの官職を同時に兼帯することは稀であり、特に宮中において[[天皇]]に近侍する蔵人・[[太政官]]において行政事務を担当する弁官・[[平安京]]の司法・警察・民政の実務を行う検非違使佐は仕事量が多く重要な官職であったため、それらの職務を同時にこなすことは実務能力に優れた官僚でなければ不可能だった。
 
『[[権記]]』[[寛仁]]元年([[1017年]])正月7日条には、藤原資業([[日野家]]の祖)について「三司兼帯」と記されている。11世紀後半の[[白河天皇|白河院政期]]に[[藤原為房]]・[[平時範]]が三事兼帯を果たすと、[[藤原顕隆]]・[[藤原顕頼|顕頼]](為房の子孫)、平実親・範家(時範の子孫)も父祖に倣って三事兼帯となった。12世紀に実務官僚の家が[[勧修寺流]]・日野家・高棟流平氏に固定化したことに伴い、三事兼帯も自然とこの三家に限定された(例外は[[藤原通憲信西|藤原信西]]の子、俊憲・貞憲のみ)。12世紀末に[[吉田経房]]・光長・定長の兄弟が三事兼帯を果たしたことについて、[[中山忠親]]は「経房卿、光長朝臣、定長兄弟三人、歴三事、古今更無此例、誠是家之余慶也」(『[[山槐記]]』元暦元年9月18日条)と記しており、三事兼帯が実務官僚にとっての名誉と認識されていたことがうかがえる。
 
鎌倉期になると低年齢化と在職期間の短縮が進み、19歳で就任・在職期間一ヶ月という例まで現れ、実態とはかけ離れていく。やがて、三事兼帯は[[名家 (公家)|名家]]の嫡流であることを示す指標となり、形式的・象徴的なものとなった。
! 人名 !! 在職期間
|-
|藤原清貫 || [[延喜]]5年(905年)10月15日 - 延喜8年(908年)正月12日
|-
|藤原資業 || [[長和]]4年(1015年)2月25日 - [[寛仁]]4年(1020年)正月30日
|-
|大江匡房 || [[延久]]元年(1069年)12月17日 - 延久6年(1074年)正月28日
|-
|藤原為房 || [[応徳]]3年(1086年)11月20日 - [[寛治]]4年(1090年)6月5日
|-
|平時範 || [[嘉保]]元年(1094年)12月17日 - [[承徳]]2年(1098年)7月9日
|-
|藤原顕隆 || [[嘉承]]2年(1107年)7月19日 - [[天仁]]2年(1109年)正月7日
|-
|藤原顕頼 || [[保安 (元号)|保安]]3年(1122年)12月22日 - 保安5年(1124年)正月5日
|-
|藤原光頼 || [[久安]]4年(1148年)4月27日 - 久安5年(1149年)8月22日
|-
|藤原惟方 || [[保元]]元年(1156年)閏9月14日 - 保元2年(1157年)4月26日
|-
|藤原俊憲 || 保元2年(1157年)10月23日 - 保元3年(1158年)5月6日
|-
|藤原貞憲 || 保元3年(1158年)11月26日 - [[平治]]元年(1159年)5月1日
|-
|平時忠 || [[仁安 (日本)|仁安]]元年(1166年)6月19日~8 - 8月27日
|-
|藤原長方 || 仁安元年(1166年)9月1日 - 仁安2年(1167年)閏7月12日
|-
|吉田経房 || [[嘉応]]2年(1170年)正月18日~7 - 7月26日
|-
|平親宗 || [[承安 (日本)|承安]]3年(1173年)8月18日 - [[安元]]元年(1175年)12月8日
|-
|葉室光親 || [[元久]]元年(1204年)3月6日~4 - 4月12日
|}
 
6,464

回編集