TAKASUGI Shinji

構想を追加
(babel)
(構想を追加)
日本語版でのウィキブレイクの準備を進めています。今月中には入ると思います。
 
== 執筆記事 ==
ほぼ一人で書いた記事:
ほぼあるいは完全に一人で書いた記事を以下に示す。
* [[エマニュエル・トッド]]
* [[帝国以後]]
* [[Template:乗算表]]
* [[Template:For step]]
 
== 執筆構想 ==
=== 色名 ===
バーリンとケイが挙げた基本[[色名]]は、白、黒、赤、青、黄、緑、茶、紫、橙、灰、桃の 11 色であるが、その後の研究で 12 色の言語(ロシア語など)も見付かっている。
 
日本語の基本色名 (basic color term) の数は研究によって違う。「白」、「黒」、「赤」、「青」は間違いなく基本色名であり、形容詞形を持つ「黄色」、「茶色」も基本的と言える (久島 2002)。「ピンク/桃色」は、「薄い赤」や「淡い紅色」と言えるので、バーリンとケイの基準では基本色名とは言い難い (出典なし、私の意見)。英語の {{lang|en|pink}} は {{lang|en|pale red}} と言えないので基本色名である (岡田)。一方、「黄緑」や「紺」も十分に基本的であるとする研究もある (近江 2008)。
 
また、日本語で「白い雪」は良いが「白の雪」はおかしい (藤村 2003)。同様にフランス語で {{lang|fr|la blanche neige}} は良いが {{lang|fr|la neige blanche}} はおかしい。どちらも、二番目の句は他の色の雪があるように聞こえる。
 
参考文献:
# 藤村逸子 (2003), [http://www.gsid.nagoya-u.ac.jp/fujimura/gyoseki/iro.pdf 色彩名詞と色彩形容詞の対立―新聞と文学のコーパスからわかること―]
# Trickovic, Divna (2004), [http://www.uab.ro/reviste_recunoscute/philologica/philologica_2006_tom2/44.doc Basic color categories in the Japanese language in reference to their adjectival form]
# 李静暁 (2006), [http://teapot.lib.ocha.ac.jp/ocha/bitstream/10083/3427/1/P140-141.pdf 中日色彩語における比喩的表現の対照研究―基本色彩語を中心に―]
# 城岡 啓二 (2000), [http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/bitstream/10297/1168/1/080331001.pdf 紫色は青色か? ― 日本語とドイツ語の「紫」の色彩語について ―]
# Regier, Terry; Paul Kay & Naveen Khetarpal, [http://www.pnas.org/cgi/reprint/104/4/1436.pdf Color naming reflects optimal partitions of color space]
# Belpaeme, Tony and Joris Bleys, [http://arti.vub.ac.be/~jorisb/pubs/05%20eelc.pdf Colourful language and colour categories]
# 岡田伸夫, [http://www.biseisha.co.jp/lab/lab2/21.html どうして pale blue cushion や pale green cushion はあるのに pale red cushion はないのか? (上)]
# 久島茂 (2002), ≪物≫と≪場所≫の意味論
# 近江源太郎 (2008), 色の名前に心を読む
 
=== フランス語の音韻 ===
[[フランス語]]には[[二重母音]]が無いと一般に言われるが、必ずしも正しくない。{{lang|fr|<oi>}} {{ipa|wa}}, {{lang|fr|<oin>}} {{ipa|wɛ̃}}, {{lang|fr|<ui>}} {{ipa|ɥi}} を二重母音と見なす研究が出てきている。二重母音と狭母音 + 母音とでは、子音 + 流音の後での挙動が異なる。
{| class="wikitable" border="1" style="text-align: center"
! 種類 !! 表記 !! 基底形 !! 表層形
|-
! rowspan="2" | 二重母音
! roi
| {{ipa|ʁwa}} || {{ipa|ʁwa}}
|-
! trois
| {{ipa|tʁwa}} || {{ipa|tʁwa}}
|-
! rowspan="2" | 狭母音 + 母音
! roua
| {{ipa|ʁua}} || {{ipa|ʁwa}}
|-
! troua
| {{ipa|tʁua}} || {{ipa|tʁu.a}}
|}
 
参考文献:
# Klein, Marc (1991), ''Vers une approche substantielle et dynamique de la constituance syllabique. Le cas des semi-voyelles et des voyelles hautes dans les usages parisiens''
# Durand, Jacques & Chantal Lyche (1999), [http://w3.univ-tlse2.fr/erss/textes/publications/CDG/24/CG24-4-Durand.pdf Regard sur les glissantes en français : français standard, français du Midi]
# Brousseau, Anne-Marie and Emmanuel Nikiema (2001), ''Phonologie et morphologie du français''
# Aroui, Jean-Louis (2004), [http://umr7023.free.fr/Downloads/Aroui2004.pdf Rime et richesse des rimes en versification française classique]
# Aroui, Jean-Louis (2007), [http://www.umr7023.cnrs.fr/IMG/pdf/Aroui_2007b.pdf Mètre, rime et rythme chez Corneille et Racine. Gros plan sur une thèse récente]
 
=== 性 (文法) ===
[[性 (文法)|性]]や名詞クラスはあくまで名詞の分類であり、名詞の指すものの言語的な分類ではない。例えば日本語の「車(くるま)」は無生物であり、「台」で数える。当然、「自動車(じどうしゃ)」も無生物であり、「台」で数える。これは、[[有生性]]や[[類別詞]]が、名詞の指すものの言語的な分類であるからである。しかしフランス語の {{lang|fr|voiture}} (車)は女性名詞、{{lang|fr|auto}} (自動車)は男性名詞であり、同じものを指す名詞が同じ性とは限らない。
 
フランス語、ドイツ語の名詞の性は、語形から多少分かる。
 
参考文献:
# Kihm, Alain, [http://www.llf.cnrs.fr/Gens/Kihm/OUPhandbook.pdf Noun Class, Gender, and the Lexicon-Syntax-Morphology Interfaces : A Comparative Study of Niger-Congo and Romance Languages]
# Lyster, Roy (2005), ''Predictability in French gender attribution: A corpus analysis''
# 田中雅敏 (2005), ドイツ語の名詞の性割り当て規則: ドイツ語に取り入れられた日本語由来の名詞の性をみる
 
=== 序数詞 ===
日本語の[[序数詞]]には「第-」と「-目」があり、使い分けられている。前者はあらかじめ決まった順序について、後者は話者が任意に選んだ順番について、述べる。
* { 第三話 / 三話目 } を見た。
* 今月になってからの { *第三話 / 三話目 } を見た。
* { 第五行 / 五行目 } を読む。
* 下から { *第五行 / 五行目 } を読む。
 
=== バミレケ人 ===
バミレケ人は[[カメルーン]]の一民族で、特異な商人文化を持ち、国の経済活動を握っている。トンチンという[[頼母子講]]により起業資金を得る。一夫多妻であるが一子相続であり、直系家族の特徴を持つ。
 
参考文献:
# 野元美佐 (2005), [http://www.hanmoto.com/bd/ISBN4-7503-2058-7.html アフリカ都市の民族誌 - カメルーンの「商人」バミレケのカネと故郷]
 
=== 周圏分布 ===
ABA 分布とも呼ぶ。ドーザ ([[:fr:Albert Dauzat]]) によるフランス語の方言地図が最初で、それを日本語に当てはめたのが[[柳田國男]]の『蝸牛考』である。[[ヨハネス・シュミット]]の波紋説が最初と説明されることがあるが、シュミットは中心が古く不変で、周辺に広がるにつれ変化すると考えていたので、間違っている。文化的に威信のある中心から革新が伝播していくので、中心が新しく、周辺が古い。
 
[[橋本萬太郎]]は、中国の諸言語の語彙が周圏分布をなし、北方での言語交替を示すことを明らかにした。漢字の分布では、周辺の[[粤語]]や[[日本語]]の「目」、「口」、「食」は古く、中心の[[北方語]]の「眼睛」、「嘴」、「吃」は新しい。一般に形声は象形より新しいので、すぐ分かる。
 
[[エマニュエル・トッド]]とローラン・サガールは、世界の家族構造の分布が周圏分布であることを示した。ユーラシア中央部の集団主義かつ男性優位の父系共同体家族は新しく、アングロサクソンの個人主義かつ男女平等の絶対核家族は古い。
 
参考文献:
# [[橋本萬太郎]] (1981), 現代博言学
# 言語学大辞典 術語編
# [[松本修 (プロデューサー)|松本修]] (1996), 全国アホ・バカ分布考
# 石崎晴己 編, 世界像革命
 
=== N 進法 ===
ブラジル・インディオの[[三進法]]、[[ニューギニア島]]の[[四進法]]などがまだ記載されていない。
 
イピリ語 (Ipili) は十四進法を持つらしいが、 body-part tally でないとする情報源は見付からない。body-part tally であれば、様々な底(奇数が多い)がある。
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:center"
! 底
| 18 || 19 || 22 || 23 || 25 || 26 || 27 || 28 || 29 || 30 || 31 || 35 || 36 || 37 || 47 || 68
|-
! 言語数
| 2 || 2 || 1 || 8 || 2 || 1 || 11 || 2 || 3 || 1 || 1 || 1 || 1 || 1 || 2 || 1
|}
 
参考文献:
# Lean, Glendon Angove (1992), [http://www.uog.ac.pg/glec/thesis/thesis.htm Counting Systems of Papua New Guinea and Oceania]
 
 
{{userpage}}
 
[[en:User:TAKASUGI Shinji]]
4,012

回編集