「ジョージ・アダムス・リーランド」の版間の差分

m
参考書籍と参考文献の節を合同ISBN付加
m (Category:在日アメリカ人の人物)
m (参考書籍と参考文献の節を合同ISBN付加)
リーランドは1878年(明治11年)9月6日に来日するとまず各地の学校を視察し、日本の学校体操は軍隊式の操練の影響が強いと指摘した。同年10月には体操伝習所の開設が決裁され、初代主幹に[[伊沢修二]]が任命される。教授内容については当時アマースト大学で行われていた2種類の体操、器械を使った[[ドイツ体操]]いわゆる「重体操」と、[[ダイオ・ルイス]]が1860年に発表した女性・少年向けの「軽体操」のうち、日本の学校には軽体操が適すると判断した。翌年には軽体操で用いられる唖鈴([[鉄アレイ]])・球竿・棍棒・木環のほか、[[クロッケー]]・[[クリケット]]・[[野球|ベースボール]]用具1式、握力器・胸囲巻尺・身長測器なども準備された。1879年(明治12年)4月7日、体操伝習所に第1期給費生25名が入学。そのうちの21名が2年後の1881年(明治14年)7月24日に卒業した。主に財政上の理由で契約が更新されなかったため、リーランドは同年7月31日付けで離職。日本を後にした。
 
その後の体操伝習所は1886年(明治19年)4月に廃止され、[[高等師範学校]]体操専修科に引き継がれた。軽体操はリーランドの通訳を努め自ら体操家となった[[坪井玄道]]によりその理論が構築され、「[[兵式体操]]」に対して「[[普通体操]]」と呼ばれるようになる。普通体操は1900年頃の[[スウェーデン体操]]の登場まで、[[学校体育]]の主たる形式としての地位を保った。
 
離日後のリーランドはヨーロッパで咽喉学、耳学の研究に専念した。1882年10月帰国。翌年のボストン[[キリスト教青年会|YMCA]]体育館の医務責任者から医学の道を着実に進み、1912年米国咽喉学会会長就任。1914年ダートマス医学校咽喉科名誉教授となる。1919年日本政府から勲四等章を受章。1924年没。
 
== 参考書籍 ==
* 水野忠文ほか 『体育史概説 -西洋・日本-』 杏林書院、1961年。
* 岸野雄三編著 『体育史講義』 大修館書店、1984年。
* 能勢修一 『明治期学校体育の研究 -学校体操の確立過程-』 不昧堂出版、1995年。
 
== 参考文献 ==
* [[木下秀明]] 「近代日本の体育思想 2 G.A.リーランド」『体育の科学』 [[体育の科学社]]、第14巻第4号、1964年
== 参考===書籍 =====
* [[水野忠文]]ほか 『体育史概説 -西洋・日本-』 [[杏林書院]]、1961年。(1985年 ISBN 978-4764415058)
* [[岸野雄三]]編著 『体育史講義』 [[大修館書店]]、1984年、ISBN978-4469261011
* [[能勢修一]] 『明治期学校体育の研究 -学校体操の確立過程-』 [[不昧堂出版]]、1995年 ISBN 978-4829303016
 
 
== 外部リンク ==
8,749

回編集