「高安流」の版間の差分

[[河内国]]高安の人高安長助を家祖とし、子の与八郎が金剛座の脇の仕手であった金剛康季(後に十世宗家となる)の養子に入って家芸を興した。その後、初世高安重政([[高安寿閑]])が[[金春流]]のワキ方春藤友尊の女婿となって修行し、流儀を確立した。一説には春藤友尊を芸祖ともし、寿閑によって[[下掛り]]の芸風が完成され、本格的なワキ方の家として活動を行うようになったらしい。また寿閑の弟は大鼓方高安流を嗣いだ。
 
以来、金剛流の座付として代々ワキを勤めた。歴代のなかでは、二世高安重良(不休)、「首長」というあだ名があった三世高安重賢などが有名。[[維新]]後、十一世彦太郎が後嗣を欠いたまま没し([[1870年]])、宗家が絶えたが、[[金剛唯一右京]]らの斡旋により彦太郎の高弟であった西村弘敬の子滋郎(十二世)が[[1929年]]に再興。弟(養子)の欽也が相続し十三世となり、現家元からは「高安」の姓に復する。
 
現家元は十三世[[高安勝久]](十二世の子)。[[能楽協会]]に登録された役者は、[[2006年]]現在13名。宗家一門が[[名古屋]]を地盤として活動するほか、十一世の弟子で維新後名古屋から上京した大友信安の芸系が[[東京]]に、[[野村金剛家]]のワキ方であった岡次郎右衛門家の芸系が[[京都]]に伝わる。流勢は必ずしも盛んではない。詞章・謡は金剛流とほとんど変わらず、古風を存した芸風である。
 
 
== 大鼓方 ==
匿名利用者