「ジャン1世 (ベリー公)」の版間の差分

編集の要約なし
しかしそれよりも、ジャン1世は美術品の蒐集家や芸術家のパトロンとして知られている。ランブール兄弟に『[[ベリー公のいとも豪華なる時祷書]]』を製作させたほか、さまざまな貴金属・工芸品・彩飾写本を所有していた。コレクションに厖大な財産を投じるあまり、ベリー公領はフランス中で最も税が重い地域になり、さらにジャン1世の歿後相当な額の負債が残されたという。
 
ジャン1世は最初の妃である[[アルマニャック]]伯[[ジャン1世 (アルマニャック伯)|ジャン1世]]の娘ジャンヌとの間に、ジャン(モンパンシエ伯)、ボンヌ([[サヴォイア]]伯[[アメデーオ7世]]妃、のちアルマニャック伯[[ベルナール7世 (アルマニャック伯)|ベルナール7世]]妃)、[[マリー (オーヴェルニュ女公)|マリー]](オーヴェルニュ女公、のち[[ブルボン]][[ジャン1世 (ブルボン公)|ジャン1世]]と結婚)らをもうけた。2人目の妃は[[ブローニュ]]女伯ジャンヌ2世であったが、彼女との間には子供は生まれなかった。
 
{{先代次代|[[ポワティエ伯]]|[[1357年|1357]] - [[1416年|1416]]|―|(王領編入)}}
匿名利用者