「皮膚がん」の版間の差分

関連学会へのリンク
m (ロボットによる 追加: is:Húðkrabbamein)
(関連学会へのリンク)
'''皮膚がん'''(ひふがん)は、皮膚に生じた[[悪性新生物]]の総称である。主なものに[[基底細胞癌]]、[[有棘細胞癌]]、[[悪性黒色腫]]が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である[[菌状息肉症]]、[[セザリー症候群]]などがある。[[日光角化症]]、[[Bowen病|ボーエン病]]、[[パージェット病]]は表皮内癌である。
<!--[[皮膚]]の表面に過剰な[[紫外線]]や[[化学物質]]などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生する。最近では[[オーストラリア]]・[[ニュージーランド]]などで患者が多くなってきている。これは[[フロンガス]]による[[オゾン層]]破壊が進み、[[太陽]]からの紫外線の量が増加したと考えられる。-->
 
==参考文献==
*[[診療ガイドライン]]
**[http://minds.jcqhc.or.jp/0054_ContentsTop.html 皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン (第1版)]日本皮膚悪性腫瘍学会編(07年)(Minds 医療情報サービス)
 
==外部リンク==
*[http://www.skincancer.jp/ 日本皮膚悪性腫瘍学会]
 
{{medical}}
[[Category:皮膚疾患|ひふかん]]
匿名利用者