「カーズ (バンド)」の版間の差分

 長年共に活動を行ってきたリズムギター・ボーカルのリック・オケイセックとベース・ボーカルのベンジャミン・オールを中核に1976年に結成され、[[1978年]]にメジャー・デビューしたアメリカニューウェーブバンド。その革新的でユニークな音楽とレコードに劣らぬ音質の正確で高い技術のライブが話題をさらった。
 
 バンドが持っていった「燃える欲望 (Just What I Needed}」のデモテープを気に入った地元FMFM局の人気DJDJが自分の番組で繰り返しかけたところ、リクエストが殺到し、レコード会社の注目を集め、この曲をデビューシングルとしてカーズはセンセーショナルにデビューを飾った。
 
「錯乱のドライブ/カーズ登場 (The Cars)」 (6X6Xプラチナディスク獲得) 「キャンディ・オーに捧ぐ (Candy-O)」 (全米アルバムチャート最高3位)、 [[グラミー賞]]新人賞にノミネートされるなど、デビュー作から立て続けにヒットを続け、その地位を確立していった。最初の2枚のアルバムはロック色が強かったが、3枚目では実験音楽的要素が強まり、4枚目5枚目ではポップ色が強まっていっており、その音楽のタイプはアルバム毎にどんどん変化していった。MTVが開局してからは、ユニークなミュージックビデオが評判を呼び、次々大ヒットが生まれた。5枚目のアルバム「ハートビートシティ (Heartbeat City)」 (全米アルバムチャート最高3位) からは、4曲のヒットがチャートを賑わせた。中でも[[1984年]]の[[シングル]]「ユー・マイト・シンク (''You Might Think'')」は、多くの強敵を押しのけ第1回[[MTV Video Music Awards|MTVアウォードを]]受賞した(この年は[[マイケル・ジャクソン]]の「スリラー」や、[[シンディ・ローパー]]の「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン」やマドンナなどが候補に挙がっていた)。カーズの最大のヒットとなった「ドライブ (Drive)」は、19851985年のライブエイドのテーマ曲としても選ばれ、この曲にあわせてエチオピア飢餓の映像のビデオが、デビット・ボウィの司会で世界中に流されるなど、特別な注目も集めた。
しかし、日本での人気は、アメリカではかなりの実績があるにも関わらず低い。
 
匿名利用者