「That節」の版間の差分

m
強調構文の一部」
m (中沢 幸夫)
m (強調構文の一部」)
'''that節(せつ)'''とは、[[英語]]において[[接続詞]]や[[関係詞]]のthatによって導かれる[[節 (文法)|節]]での総称である<ref name=nakazawa>中沢 幸夫:“英文解釈のトレーニング 必修編”(Z会出版,2004).</ref>。
英単語”that”には、接続詞や関係詞として「名詞節を導く」、「形容詞節を導く」、「副詞節を導く」役割がある<ref name=nakazawa/><ref name=sonota>そのほかに「指示代名詞」、「指示形容詞」、「指示副詞」、「強調構文の一部」としての役割がある。</ref>。したがって、「that節とは、thatによって導かれる名詞、形容詞、副詞節の総称である」と考えてよい。
 
==名詞節==
1,408

回編集