「長谷部言人」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''長谷部言人'''(はせべことんど, [[1882年]][[6月10日]] - [[1969年]][[12月3日]])は東京出身の人類学者。[[1906年]][[東京帝国大学]]医科大学卒業後、[[京都帝国大学]]にて肉眼解剖学と人類学を専攻。新潟医学専門学校(現[[新潟大学]][[医学部]])、[[東北帝国大学]]教授を経た後、1938年東京帝国大学理学部教授就任。人類学に理化学的研究法を導入し、理学部に人類学科を創設する。
[[直良信夫]]が明石市西八木海岸で発見した左腰骨の石膏模型を研究し、それを原人の骨と唱え、「[[明石原人]]」と命名した。
 
== 著書 ==
匿名利用者