「修羅能」の版間の差分

編集の要約なし
'''修羅能'''(しゅらのう)とは、[[能]]の演目の中で武人が[[シテ]]になるものを言う。修羅物とも言う。[[能#上演形式|五番立]]においては二番目物となる。[[修羅道]]に落ちて苦しむさまが語られることからこう呼ばれる。多くは『[[平家物語]]』に取材し、源平の武将を主人公とするが、『[[田村]]』などの例外もある。
 
戦いに負けた側がシテである'''負修羅'''(まけしゅら)がほとんどであるが、戦いに勝った側をシテとする'''勝修羅'''(かちしゅら)もある。
『田村』『[[箙]](えびら)』『[[八島 (能)|八島]]』
 
勝修羅三番と言われる。扇の図柄は、松に旭日。[[面]]は平太
 
使用する扇は勝修羅扇と言われ、図柄は「老松に旭日」で、扇骨は軍扇を表す意味で黒になる。[[面]]は平太。
 
==負修羅==
『朝長』『実盛』『頼政』『忠度』『俊成忠度』『清経』『通盛』『[[敦盛 (能)|敦盛]]』『生田敦盛』『実盛』『友章』『経政』『兼平』『[[巴 (能)|巴]]』
 
この中で『朝長』『実盛』『頼政』は特に重い曲とされ、三修羅と呼ばれる。扇の図柄は立波に入日
 
使用する扇は負修羅扇と言われ、図柄は「立波に入日」で、扇骨は軍扇を表す意味で黒骨になる。
 
{{DEFAULTSORT:しゆらのう}}
匿名利用者