「児玉神社 (藤沢市)」の版間の差分

m
IPユーザーによる一連のPOV記述を削除し基本的に初版に復す
m (IPユーザーによる一連のPOV記述を削除し基本的に初版に復す)
'''兒玉神社'''(こだまじんじゃ)は、[[日露戦争]]で活躍した[[明治時代]]の[[軍人]]・[[兒玉源太郎]]を祀った[[神社]]である。[[神奈川県]][[藤沢市]][[江ノ島]]と[[山口県]][[周南市]](旧[[徳山市]])にある。
 
兒玉を祀る神社の起源は、
兒玉を祀る神社の起源は、明治45年([[1912年]])に[[杉山茂丸]]が[[東京都]][[墨田区]][[向島 (墨田区)|向島]]の私邸内に建てた社であると伝えられる。
 
==江ノ島の兒玉神社==
例祭=[[7月24日]]}}
 
兒玉を祀る神社の起源は[[大正]]7年([[1918年]])創建された。前身は明治45年([[1912年]])に[[杉山茂丸]]が[[東京都]][[墨田区]][[向島 (墨田区)|向島]]の私邸内に建てた社であると伝えられる。
[[大正]]7年([[1918年]])、兒玉の威徳を偲ぶ崇敬者により創建された。
 
戦後、旧[[社会党]]の[[葉山峻]]が24年間に亘り藤沢市長を務めていたことで、兒玉神社は政教分離という建前から冷遇され荒廃の一途を辿った。その廃神社同然の兒玉神社を山本白鳥が祭祀の継承をし、私財を投じ復興を果たした。
 
兒玉がかつて[[日本統治時代 (台湾)|台湾総督]]として[[台湾]]の近代化に努力した縁により台湾の有志から贈られた、口の中の玉が回る名品の狛犬が有名。
 
2006年7月23日、[[中華民国]]元総統[[李登輝]]を招き、兒玉源太郎没後100年を記念した兒玉神社100年祭の式典が行われた。
 
=== 外部リンク ===
*[http://www.cityfujisawa.ne.jp/kankou/ht_midopoint/kodamakiyoshi.htmhtml 児玉神社](藤沢市役所)
 
==周南市の兒玉神社==
大正11年([[1922年]])、兒玉の旧宅跡に江ノ島の神殿を移築したもので、江ノ島には新たな神殿が建てられた。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:神奈川県の神社|こたましんしや]]}}
[[Category:神奈川の神|こたましんしや]]
[[Category:藤沢市|こたましんしや府県社]]
[[Category:山口県の神社|こたましんしや藤沢市]]
[[Category:周南市|こたましんしや山口県の神社]]
[[Category:周南市]]
{{shinto-stub}}