「カナダバルサム」の版間の差分

m編集の要約なし
 
== 成分 ==
樹皮から抽出された[[バルサム]]は約55%が樹脂酸から構成されている。樹脂酸は主に[[ジテルペン]]のカルボン酸からなり、アビエチン酸、ネオアビエチン酸が主な成分である。また約25%が揮発性の[[モノテルペン]]であり、これは&alpha;および&beta;-[[ピネン]]、&alpha;-[[フェナンドレン]]などから構成される。残りの20%は[[セスキテルペン]]、[[ジテルペン]]からなり、主成分はラブナン骨格のジテルペンアルコール、[[アビエノール]]である。<ref>{{Cite journal|author=Gray;, P. S.; Mills, J. S.|year=1964|title=The Isolation of Abienol from Canada Balsam, the Oleoresin of Abies balsamea (L.) Mill.|journal=Can. J. Chem.|volume=42|pages=5822-5825}}</ref>
他に[[幼若ホルモン]]活性を持つセスキテルペン、[[ジュバビオン]]などが微量成分として発見されている。<ref>{{Cite journal|author=Manville, J. F.|year=1975|title=Juvabione and its Analogs. Juvabione and &Delta;-4'-Dehydrojuvabione Isolated from the Whole Wood of Abies balsamea, have the R,R Stereoconfigurations, not the R,S|journal=Can. J. Chem.|volume=53|pages=1579-1585}}</ref>
 
匿名利用者