「ニコライ・メゼンツォフ」の版間の差分

編集の要約なし
(en:Nikolai Mezentsov 30 May 2008, at 14:57. および、ru:Мезенцов, Николай Владимирович : 14:57, 30 мая 2008.から作成)
 
[[1877年]]、政治犯に対する集団裁判「193人事件」では、法廷が数人の被告に重刑を課した以外、残りを比較的軽い量刑と課したのに対し、メゼンツォフは、皇帝[[アレクサンドル2世]]に献策し、その結果、刑期延長の判決訂正が行われ、ロシア社会を震撼とさせた。
 
[[1878年]]8月、[[サンクトペテルブルク]]の[[ネフスキー通り]]で白昼、「[[土地と自由]]」の活動家で元砲兵中尉、[[セルゲイ・クラフチンスキー]]によって刺殺された。刺された直後、致命傷とは気づかず、自邸にたどり着いた後、死去した。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者