「セルジュ・ゲンスブール」の版間の差分

m
+photo
m (+photo)
[[画像:Gainsbourgb.jpg|thumb|right|セルジュ・ゲンスブール]]
'''セルジュ・ゲンスブール'''('''Serge Gainsbourg''', [[1928年]][[4月2日]] - [[1991年]][[3月2日]])は[[フランス]]の[[作曲家]]、[[作詞家]]、[[歌手]]、[[映画監督]]、[[俳優]]である。両親は帝政[[ロシア]](現在の[[ウクライナ]]の[[ハリコフ]])出身の[[ユダヤ人]]で、[[パリ]]生まれ。幼名はリュシヤン・ギンスブルグ(Lucien Ginsburg)といった。[[1958年]]に''Le Poinçonneur des Lilas''(「リラの門の切符切り」)でデビューして以来、反体制的な作風で人気を博し、[[1960年代]]の特に後半から[[1970年代]]にかけて、フランスの[[ポピュラー音楽]]において中心的な役割を果たした。作詞に特徴が強く、ダブル・ミーニングなどの言葉遊びを多用する。また、ときには[[メタファー]]を使って、ときには露骨に、性的な内容を語った歌詞が多い。[[俳優]]・[[歌手]]の[[ジェーン・バーキン]]は3人目の[[配偶者|妻]]であり、俳優の[[シャルロット・ゲンスブール]]はバーキンとの間に儲けた[[続柄|娘]]である。死後はその栄光をたたえて、[[ジャン=ポール・サルトル]]、[[シャルル・ボードレール]]などの著名人が数多く眠る[[モンパルナス墓地]]に葬られた。
 
42

回編集