「ピリッポス3世」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: it:Filippo III Arrideo)
 
=== 傀儡の王 ===
ロクサネはまもなく男子を産み落とし、生まれてきた子どもは[[アレクサンドロス4世]]と名づけられた。その結果ペルディッカスが帝国摂政としてアレクサンドロス4世を後見し、人望のあった武将[[クラテロス]]がピリッポス3世の後見人となることが定められた。・・・(しかし、紀元前321年にクラテロタブ)・・・が[[ヘレスポントスの戦い]]で敗死し、紀元前317年に彼はオリュンピアスによって暗殺された。
 
[[ディアドコイ戦争]]・・・(スタブ)
匿名利用者