「天災 (落語)」の版間の差分

m
リンク訂正
m (リンク訂正)
[[長屋]]に住む[[短気]]で喧嘩っ早い[[八五郎]]。夫婦喧嘩で嫁を殴り、止めに入った実の母にまで手を出して町内のご隠居のところへ転がり込んだ。あきれ返ったご隠居は「'''紅羅坊奈丸'''(べにらぼう・なまる、名丸とも)」という心学 ([[石門心学]]) の先生を紹介した。
 
ご隠居からの手紙を読んだ奈丸は、八五郎に「短気は損気」「[[孝|孝行]]のしたい時分に親は無し。さればとて、石に布団を着せられず」「ならぬ堪忍するが堪忍」などと諭したが一向に理解しない。そこで例え話をする。