「BD-J」の版間の差分

サイズ変更なし 、 14 年前
m
 
== 技術 ==
BD-J は、Globally Executable [[Multimedia Home Platform|MHP]](GEM)のパッケージ化メディア[[プロファイル (工学)|プロファイル]]に基づいている。GEM は[[デジタルテレビ]]のアプリケーション標準であり、汎用的な放送用プロファイルとして [[Multimedia Home Platform]](DVB-MHP)、北米のケーブルテレビ向けプロファイルとして OpenCable Application Platform(OCAP)、アメリカでの放送向けとして Advanced Common Application Platform(ACAP)がある。GEM は[[欧州電気通信標準化機構|ETSI]]の標準であり、DVB-MHP は[[デジタルビデオブロードキャスティング|DVB]]の標準である。GEM ベースの標準はすべて[[サン・マイクロシステムズ]]の [[Java]] 技術に基づいている。BD-J、MHP、OCAP、ACAP はすべて Java ベースであるため、コンテンツの相互運用性が非常に高い。したがって例えば、Blu-ray Disc 向けコンテンツをケーブルテレビのオンデマンド放送に流用したり、テレビ放送された対話型コンテンツを Blu-ray Disc 化してすることが可能である{{要出典}}。
 
== コンテンツ開発 ==
230,364

回編集