「京極為兼」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
{{文学}}
{{文学}}
'''京極 為兼'''(きょうごく ためかね、[[建長]]6年([[1254年]]) - [[元徳]]4年/[[元弘]]2年[[3月21日 (旧暦)|3月21日]]([[1332年]][[4月16日]]))は、[[鎌倉時代]]後期の[[歌人]]。父は[[藤原定家に遡る和歌の家として知られる藤原[[御子左家]]の3男出自、父は京極家の祖となる[[京極為教]]。母は[[西園寺家]]の家司である[[三善雅衡]]の娘。同母姉に京極為子がいる。冷泉為兼・入江為兼とも呼ばれる。
 
== 略歴 ==
若い頃に祖父藤原為家に[[和歌]]を学んだ。[[1280年]]([[弘安]]3年)東宮煕仁親王(後の[[伏見天皇]])に出仕し、東宮及びその側近らに和歌を指導して[[京極派]]と称された。伏見天皇が践践した後は政治家としても活躍したが、[[持明院統]]側公家として皇統の迭立に関与したことから、[[1298年]]([[永仁]]6年)[[佐渡国]]に配流となった。[[1303年]]([[嘉元]]元年)に帰京が許されている。[[勅撰和歌集]]の撰者をめぐって[[二条為世]]と論争するが、[[院宣]]を得て[[1312年]]([[正和]]元年)「[[玉葉和歌集]]」を撰集している。翌[[1313年]](正和2年)[[伏見上皇]]とともに[[出家]]し、法号を蓮覚のちに静覚と称した。[[1315年]](正和4年)再び[[鎌倉幕府]]の[[六波羅探題]]に捕らえられ、翌[[1316年]](正和5年)[[土佐国]]に配流となり、帰京を許されないまま[[河内国]]で没した。2度の流刑の背景には「徳政」の推進を通じて朝廷の権威を取り戻そうとしていた伏見天皇と鎌倉幕府の対立が激化して、為兼が天皇の身代わりとして処分されたという説もある。
父為教28歳の頃に生まれる。為教は非参議の延臣で、歌道においては宗家の兄為氏と不和で対抗意識を持っていたことが指摘されている。為兼は幼少時の初学期から二条為氏の子為世とともに祖父[[藤原為家]]から[[和歌]]を学ぶ。幼少時から主家の西園寺家に出仕して[[西園寺実兼]]に仕え、「為兼」の名は実兼の[[偏諱]]であると考えられている。健治2年(1276年)には亀山院歌会に参会し、為兼和歌の初見となっている。
 
若い頃に祖父藤原為家に[[和歌]]を学んだ。[[1280年]]([[弘安]]3年)東宮煕仁親王(後の[[伏見天皇]])に出仕し、東宮及びその側近らに和歌を指導して[[京極派]]と称された。伏見天皇が践践した後は政治家としても活躍したが、[[持明院統]]側公家として皇統の迭立に関与したことから、[[1298年]]([[永仁]]6年)[[佐渡国]]に配流となった。[[1303年]]([[嘉元]]元年)に帰京が許されている。[[勅撰和歌集]]の撰者をめぐって[[二条為世]]と論争するが、[[院宣]]を得て[[1312年]]([[正和]]元年)「[[玉葉和歌集]]」を撰集している。翌[[1313年]](正和2年)[[伏見上皇]]とともに[[出家]]し、法号を蓮覚のちに静覚と称した。[[1315年]](正和4年)再び[[鎌倉幕府]]の[[六波羅探題]]に捕らえられ、翌[[1316年]](正和5年)[[土佐国]]に配流となり、帰京を許されないまま[[河内国]]で没した。2度の流刑の背景には「徳政」の推進を通じて朝廷の権威を取り戻そうとしていた伏見天皇と鎌倉幕府の対立が激化して、為兼が天皇の身代わりとして処分されたという説もある
 
[[1315年]](正和4年)再び[[鎌倉幕府]]の[[六波羅探題]]に捕らえられ、翌[[1316年]](正和5年)[[土佐国]]に配流となり、帰京を許されないまま[[河内国]]で没した。2度の流刑の背景には「徳政」の推進を通じて朝廷の権威を取り戻そうとしていた伏見天皇と鎌倉幕府の対立が激化して、為兼が天皇の身代わりとして処分されたという説もある。
 
家風は実感を尊び、繊細で感覚的な表現による歌を詠み、沈滞していた鎌倉時代末期の歌壇に新風を吹き込んだ。「[[玉葉和歌集]]」「[[風雅和歌集]]」に和歌が入集している。
15,507

回編集