「ディードー」の版間の差分

アエネイスの記述について
m (ロボットによる 追加: fa:دیدو (ملکه کارتاژ))
(アエネイスの記述について)
ところで、[[古代ローマ]]の詩人[[ウェルギリウス]]作の[[叙事詩]]である『[[アエネイス]]』にはこれとは違う物語が書かれている。
 
英雄[[アエネアス]]は祖国[[イリオス|トロイア]]滅亡に仲間とともに流浪の末にカルタゴに漂着する。そこで彼は女王として国を治めているディドに歓待を受ける。彼女は自分と同じような境遇であるアエネアスの母[[ウェヌス]]は彼の身同情し、や危険てそ及ぶことを恐は愛情、[[クピド]]変わっ命じいったディドに彼に対する愛を吹き込まさせる。そして、2人は愛し合うようになり契りを結ぶ。ところが、アエネアスに[[イタリア半島]]に向かうように[[神託]]を下していた[[ユピテル]](大神[[ゼウス]])は、改めて[[メルクリウス]]([[ヘルメス]])に命じて神託の実行を促した。そこで彼はイタリア行きを決意して出発してしまう。アエネアスに裏切られたディドは悲嘆の余り、火葬の炎に身を焼かれて命を絶ったという(アエネイス第4巻)。
 
== 関連項目 ==
*[[渡邉由自]] - [[小学館]][[キャンバス文庫]]にて、エリッサ(ディド)と一体化した現代の女子高生の運命を描いた「海のエンジェル」シリーズを執筆。
 
== 参考文献 ==
ウェルギリウス 泉井久之助訳『アエネーイス・上』 岩波書店(ISBN 4-00-321151-0)
 
{{Commonscat|Dido|ディド}}
392

回編集