「第15族元素」の版間の差分

→‎性質: 副助詞「づつ」は旧かな遣い
m (ロボットによる 変更: lmo:Grupp de l'azòt)
(→‎性質: 副助詞「づつ」は旧かな遣い)
 
[[Image:Stickstoff-gruppe.jpg|300px|thumb|ニクトゲン元素のサンプル]]
第15族元素単体のうち、[[窒素]]のみが常温で気体であり、ほかは固体である。また窒素と[[リン]]の価電子は[[混成軌道]]を形成し、共有結合物質として振舞う。一方、第4周期の[[ヒ素]]より周期の大きい単体は、共有結合性と金属との性質を併せ持つ物性を示し「半金属」と呼ばれる。これらのヒ素、[[アンチモン]]、[[ビスマス]]は混成軌道を形成するよりは、2つの電子が占有したs軌道と、3つの1つつ電子が存在するp軌道として振舞うので、酸化数は+3と+5が安定である。
 
第15族元素の一部は[[炎色反応]]を示す。