「年周視差」の版間の差分

m
編集の要約なし
(追加)
m
[[Image:Stellarparallax2.svg|thumb|近い恒星は遠い恒星に対して地球の位置が変わると位置が変わって見える]]
'''年周視差'''(ねんしゅうしさ)とは、[[地球]]の[[公転]]運動による[[視差]]のために[[天体]]の[[天球]]上の位置が公転周期と同じ周期で変化して見える現象のことである。
 
3,852

回編集