「丹羽郡」の版間の差分

編集の要約なし
* [[扶桑町]](ふそうちょう)
明治時代には、現在の[[一宮市]]、岩倉市から犬山市にわたる範囲の町村を含んでいたが、[[1940年]]に馬見塚村と西成村が一宮市に合併、[[1954年]]に古知野町と布袋町が[[江南市]]となったほか[[犬山町]]、[[城東村]]などが[[犬山市]]となった。翌[[1955年]]には[[千秋村 (愛知県丹羽郡)|千秋村]]と丹陽村も一宮市に合併し、[[1971年]]に岩倉町が[[岩倉市]]へと変わり、以降、上記2町が残るのみとなった。
 
== 由来 ==
[[万葉仮名]]では、「迩波(には)」と表記された。郡名は[[日本武尊]]の末裔である爾波県君(にわのあがたのきみ)がこの地を統治したことに由来するという説や、『丹(に)』の一字で「赤土・粘土」を意味するという説がある。
 
 
 
----
匿名利用者