「ジャンクDNA」の版間の差分

大野乾の提唱といわれる原典らしきものを表示しました。
(不確定な情報に対する外部リンクの削除)
(大野乾の提唱といわれる原典らしきものを表示しました。)
 
== 参考文献 ==
# Ohno, S. (1972) "So much junk DNA in our genome", ''Evolution of Genetic Systems (Brookhaven Symp. No. 26)'', Smith H.H. (ed.), New York: Gordon and Breach, pp. 366-370 (大野乾が初めて提唱したというのはこれが原典と思われる)
 
英語版より
# Gibbs W.W. (2003) "The unseen genome: gems among the junk", ''Scientific American'', '''289'''(5): 46-53. (A review, written for non-specialists, of recent discoveries of function within junk DNA.) ([http://www.mindfully.org/GE/2003/Junk-GenomeNov03.htm 概要])
62

回編集